2024年06月13日

ある構想

 友人が真顔で言う。
「鉄道模型のある養老院を作ってくれよ。あなたは人望があるから、声を上げれば手を挙げる人が居るはずだ。」

 世の中には面白いアイデアを詰め込んだ老人施設がある。ギャンブルを楽しむ施設などがあるのだから、鉄道模型のある施設でも何ら問題ない。
 当博物館の隣は銀行だったのだが、過疎化が進んで店を畳み撤収してしまった。建物は立派なものが残っている。駐車場も広い。その向こうは大きな呉服店であったがこれも店を畳んで安く売りに出ている。向かいの大きな医院も廃業して久しい。この町にはそういう空家がたくさんあって、売りに出ているものがたくさんある。

 工作室を完備した老人ホームというのは楽しそうだ。建物は沢山あるから、ゲージ別に分けるのが良いだろう。医院の駐車場は建物1階部分に屋根付きの大きな面積のものがあるから、ライヴ・スティームも可能だろう。

 先日地元の有力者にその話をしたら、「面白い。町興しの一つの材料になるかも知れない。」と言った。 

 筆者には人望もないし、運営のノウハウもないから、すぐにできるわけでもないが、話としては面白い。家族に死に別れて一人住まいするよりも、汽車に囲まれた人生の方が楽しいと感じる人には良さそうだ。
 この話は50年近く前、椙山満氏からも聞いたことがある。椙山氏は医師であったから、そのようなニーズを感じていたのかもしれない。

 ある人は茶化してこう言った。「制御系の経年劣化が予想されるので、レイアウト上の事故が心配だな。」 

コメント一覧

1. Posted by 屋根裏親仁   2024年06月14日 06:56
 毎日のように更新されるブログを楽しみにさせて頂いております。

当方駆け出しで専門知識に乏しく、記事も専門的な内容のため理解できなかったり感心したりばかりなのですが今回は発言できそうで。

制御系以上に経年劣化は人間にも顕れると思います。ともに楽しめる場合と同時に主導権とかマウント争いも方々で発生しそうで、経営する側ならそのリスクを十分考慮しないと大変かも知れませんね。
2. Posted by 老模型人   2024年06月14日 20:20
屋根裏親仁様:
この記事での制御系とはまさに人間の頭の中を指しているわけですよね?
歳をとるといろいろな部分が衰えていきますが、肝心の頭の中がショートし始めると大変だと思います。
しかしこのアイデアは無視できないものだと思います。私も妻に先発たれたら、お願いしたいです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories