2024年05月30日

アメリカの道を走る

 今回もかなりの距離をレンタカーで走った。ガソリンはテキサスが一番安く、1ガロンが3ドル弱であった。すなわち 1 L が110円程度だ。ところがロスアンジェルスでは異常に高く、1ガロンが5ドル強であった。つまり、1 L が200円以上である。日本より高い。こんな経験は初めてだ。大排気量の車に乗っている人は困るだろう。

 テキサスの田舎道を走ると、その制限速度に驚く。2車線の分離帯のない道でも 70マイル/時である。これは時速110 km以上である。車線の幅は 5 mほどで、路側帯はそれと同程度の幅があるが、舗装されていない。その外側は砂漠のような畑である。このごろの車は車線をキープする装置がついているので安心であるが、対向車にもついている保証はない。大型トラックとすれ違う時は、さすがに怖い。

GPS speed 今回はNISSANのROGUEという車に乗った。滑らかに走る良い車だった。速度計がきわめて正確である。この写真で分かるようにGPSの速度とパネルの速度とは一致している。70マイル制限のところを65マイル/時で走っているところである。すなわち速度計は誤差がないものを作れる時代なのだ。前回乗ったTOYOTAも誤差がまったく無かった。
 ところが日本で走っている車は全ておかしい。速度が7%多めに表示されるように作ってある。昔からある誤差の計算式によって許される最大の誤差をあらかじめ設定してあるのだ。107 km/時が表示されているとそれは100 km/時で走っていることになる。スピード違反しにくくなるからありがたく思え、ということでもなさそうだが、実に不愉快だ。高速道路の容量が7%減ってしまう。そのような権限は国土交通省にはない。

 同じ車を日米で同時に走らせて日本の方が7%遅く走るように作られているというのは、どう考えてもおかしい。

コメント一覧

1. Posted by 緑・最大   2024年05月30日 20:42
いわゆる「ハッピーメーター」と言われる高めの速度表示、私も余計なお世話だと思っています。こちらは正確な速度が知りたいのに、いちいち換算させられるのは面倒かつ苦痛でしかありません。
スピード違反の対策(?)という意味も多少あるらしいですが、そもそも極端なスピード違反をする輩はメーターなんぞ見てませんしね。

普段運転していると、メーターを全く見ずに漫然走行しているとしか思えない車ばかり目に付く(巡航速度の上下幅が20km/hくらいあったり、登り坂でアクセルを踏み込まなかったり)ので、そういう不正確なメーターが気にならない層が多数を占めているが故に特に問題視されていないのかも知れません。
2. Posted by 通りすがり   2024年06月01日 19:02
本当ですね。少し多めに出ていると思っていましたが、複数の車をスマートホンのGPS速度計で確かめました。すべてぴったり7%多めになっています。
仰せの誤差の計算式の上限ぴったりということは、これは誤差ではなく作られた偏差ですね。誤差なら中心値プラスマイナス何%ということになるはずです。
車の検査は国交省が管轄ですが、作られた偏差を誤差と言い切るところがおかしいですね。これは国会で問題にすべきことです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories