2023年10月26日

続 turning a flywheel(心を出す方法)

turning flywheel   6 次は expanding mandrel 太くなるヤトイ)である。この三爪チャックは心を出せる製品であるが、それでも多少の誤差はありうる。この太くなる軸を銜えて、ヤトイ自身を削って心を出すのだ。好きな太さにできる。こうすればチャックの調整無しでも、完璧に心が出た状態になる。この写真は粗削りの状態だ。仕上げ削りをして、サンドペーパでぴかぴかに磨く。このとき、ベッドは必ず保護する

 ワークをかぶせる。中心のネジを軽く締めるだけで完全に固着する。
turning flywheel  7turning flywheel  8turning flywheel 9




・反対側の端面削りをする(左)。
・外面を軽く削るとこの程度の偏心が認められる。外径を Φ51.5 まで削るとこの偏心はなくなったが、さらに削って設計値の Φ51.0とした(中)。
・出来上がり。これで質量は570 gとなり、かなりの減量である(右)。

 表面はきれいにしたいので、この後、細かいサンドペーパで磨く。
 これで内外の同心性が確保された円筒ができた。ある程度の高速回転(最高1000 rpm強)をするものであるから、心が出ていないと激しいビビリ振動が出てしまう。 

コメント一覧

1. Posted by 読者   2023年11月02日 10:21
この太くなるヤトイは日本では市販されていないようです。外国から取り寄せねばなりませんね。自作するのもなかなか難しそうです。おそらく正確に6等分しないとうまくいかないと思いました。
2. Posted by dda40x   2023年11月03日 08:26
 確かに日本での市販品はなさそうです。自作するとすれば、おっしゃるように 均等な6つ割か8つ割にせねばなりません。
 ネジは頭が大きめの皿ネジのようになっています。角度は45度です。穴はそれと合うように出来ていて、最後まで締め込むと少し開きます。
 ネジが緩んだ状態でも6つの扇形断面の部材はかなりの剛性を持ち、旋盤で削ってもたわむことはありません。すなわち、柔らかい材料では作るのは難しいでしょう。もちろん短ければ可能と思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories