2022年04月27日

続々 装着マニュアルを書く

 ウォームギヤは、効率が低いと昔から言われている。それは進み角が小さく、ウォーム径が大きいときである。今回頒布のウォームはその点を最良の領域に持っていき、さらに素材の吟味歯切りカッタの新設計で、これ以上ないものを作った。先に戴いた手紙の「これ以上のものはありません。」という感想は、その通りなのである。おそらく、コピィ品が出てくると思うが、その性能を見たいものだ。今回のギヤの製造工場は、非常にうるさい顧客を相手にしているので、そのレヴェルの性能が確保されている。

 歯車を見せると、手に取って返すとき、たくさんあるものの中にポトンと落とす人が居る。これはやってはいけない。傷が付いて取り返しがつかないことになる。精密機械部品を触ったことがない人なのだ。こういう人には売らない。

「ギヤボックスは要らない」と言う人も居るが、精度の高い物を自分で作れる人は限られている。こちらの提供したものを使ってもらいたい。性能の確保は、困難なものなのである。模型人には自信家が多いようだが、完全な直角を出すのは意外と難しいものなのだ。ウォーム軸にはラジアル荷重とスラスト荷重が掛かる。その両方を承ける方法を承知していないと、とんでもないことになる。   
 少なくとも縦フライス盤を持っていない人には、正しいギヤボックスは作れないはずだ。

コメント一覧

1. Posted by 愛読者   2022年04月28日 01:05
そのうるさい顧客って、◯ヨ△ですか。
2. Posted by dda40x   2022年04月28日 11:45
 ト◯△とかその他色々あります。話を聞くだけで疲れてしまうぐらい、うるさい客のようです。そんなにケチを付けるなら、内製すれば良いのにと思います。リスクはよそに持っていくというのが信念の会社ですから、難しいらしいですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories