2021年09月01日

クハ サハ

 国鉄の電車のクとサという記号の解釈は、諸説あるようだ。クはくっついているとか、サは差し込まれて走るからだとか、もっともらしい解説がある。それではモは何を元に作られた言葉なのだろう。
 もっともらしいからモなのか?そんなことを言う人は居まい。しかし、クとサの説明から考えるとそれでも良いではないかということになってしまう。すなわち、上記の説明は怪しい。出典を書いてあるが、それも実に怪しい。

 伊藤 剛氏は、20年ほど前、
「その種の説明をする人がいるから、ますます誤解が大きくなるのですよ。」
と、以下のような説明をしてくれた。

「最初に言わなければならないのは、これらはすべて英語から来ているということです。モーター・カーの、これは簡単ですね。はコントロール・カーのクです。なになに?コですって。発音はクォントロールだったのですよ。最近はコントロールですが、昔はクァ、クィ、ク、クェ、クォと発音する人はたくさんいました。汽罐車の漢字のルビ(ふりがな)にも、きくわんしゃ”と書いてあったくらいなんですからね。
 日本語のカ行の外国語表記には ”Q” の文字を使って、qua, qui, qu,  que, quo としたほうが良いと言った人も居たのです。最近の本に書いてあるような、『くっついて走る』は、当然間違いです。

 は難しいでしょうね。これはsubordinate carです。意味は追随する人、家来のことです。英語の辞書には、a person under the authority or control of another within an organization とあります。ほら、コントロールと対になっているでしょう。
 この言葉は、昔の教育勅語の英訳にありましたよ。”汝臣民は、父母に孝行を尽くし・・・” の英語訳の最初には、”Thou subordinate shall ‥‥”とありました。お前達付随車は、・・・という意味ではないですけど、まあそういう意味です。」

 英語に堪能な方だったので、様々な例を引き合いにして説明戴いた。ともかく、この分野の言葉は英語から来ていることは、間違いない。それを日本語の怪しい言葉で満足しているのは、明らかにおかしい。インターネットによって、その怪しい解釈を撒き散らすのは、やめるべきだ。


コメント一覧

1. Posted by 緑・最大   2021年09月01日 11:46
もとよりくっつくだのさしこむだのが正しいとは思っていませんでしたが、では正解はと言われても自力で導き出せずにいたのでスッキリ致しました。電動車・制御車・付随車と和訳されているのですし、当然元の英語が記号の由来になりますよね。勉強になりました。
2. Posted by themikes2000   2021年09月01日 15:10
5 硬券に日付を印刷する機械を「ダッチングマシン」と教えられて、「ダッチング」なんて英語は聞いたことがなかったので疑問に思っていたが、実物を見て納得した。「DATING MACHINE」、つまりDATE+INGでDATING、つまりデーティングとなるのをダッチングマシンと読んでしまったという事が判明。思わず苦笑いをしてしまった。
3. Posted by 緑・最大   2021年09月01日 19:28
ふと思ったのですが、院電のナデやその後のデハなどのデの語源は電動車のデで良いのでしょうか?
社局によっては現在でもクやサとともに使われていますが、もしデの語源が日本語であれば英語語源の記号と混用されている事になり、結果先のくっつくや差し込むといった由来が創造されてしまったのではないのでしょうか。あくまで想像ですが。
4. Posted by dda40x   2021年09月02日 20:29
 デハは、日本語から来たのでしょうね。南海のモヨとかモタの語源を知って絶句しました。何でもありの時代があったのです。
5. Posted by YUNO   2021年09月03日 13:04
英語と日本語の混在は不自然だと言われると、じゃあ等級のイロハはどうなんだと突っ込みたくなります。ファースト、セコンドにしないと整合性がとれませんよね。
客車の重量記号コホナオスマカも私の知る範囲では語源に統一性はまったくありませんし、貨車のムラサキに至っては、まともな説明を見聞きした記憶がありません。
不勉強な私の想像になりますが、結局の所、記号を決めた担当者もあまり深くは考えてなかったんじゃないでしょうか。
6. Posted by MT   2021年09月04日 12:09
クとサの語源が「くっつく」だの「さしこむ」だのというホームページがありましたが、なんと日本車両のホームページでした。完全に脱力です。
草葉の陰で伊藤剛氏が、さぞお嘆きのことと思います。
7. Posted by dda40x   2021年09月04日 22:29
>>6
 実はしばらく前、そのページに行き当たり、全く同じ感想を持ちました。記事の無いとき用の埋め草的な文章を書いて予備にとっておいたのですが、間違って出してしまいました。剛氏が「早く出しなさい」と出させたのでしょうかね。
 今回の記事のアクセス数は極めて多く、驚いています。問題はWikipediaですね。早く誰か書き換えてくれないかなと思います。出典が紙媒体でないといけないなら、10年ほど前の名古屋模型鉄道クラブの会誌にも、要約版が載っていますから探しておきましょう。
8. Posted by YUNO   2021年09月11日 11:52
日本車輌で思い出したのですが、日車の社内向けのかなり古い資料に記号の解説が掲載されていたのを見た覚えがあります。
正確な時期はわかりませんが、半世紀ぐらいは前だったはずで、当然ネット時代よりも遙か昔のことです。
どれが正しいかは今の私には判断が付きません。
伊藤氏が独自の説を思い付いて広めようとしていた可能性も否定できないように思えます。
もう少し体裁の整った古い文献はないのでしょうかね。
9. Posted by dd40x   2021年09月11日 20:16
 剛氏に教えられて、英文の本を探しましたところ、複数の本に subordinate car の説明を見付けました。すなわち正しいということになります。
 残念ながら、博物館にある本の中からは、まだ見付け出されていません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories