2021年03月21日

続々々々 アメリカ製の切断機

 実のところ、到着時にはすでに刃は傷付いていた。固定刃に乗り上げてしまって降りない状態なのに、無理に押し下げて、"Shipped tested"(検査して出荷)と称している。どうしようもない組立工がいるのだ。
 定盤上で、1200番のサンドペーパで研いで平面を出し、2000番の砥石で擦った。この作業で2/100ミリ強薄くなった。刃物を研ぐのは好きであるから、時間を掛けて行った。
 これらの刃を取り付け、きっちりと位置合わせをすると、素晴らしい切れ味である。

back stopper この切断機の特長の一つに、可動刃の裏側のストッパがある。そこまで(緑の線の高さで)材料を突き当てて(黄色矢印の深さまで)切り落とすと、同じ幅のものが大量に簡単にできる。深さ寸法は0から始められるところが優秀である。
 ストッパの回転軸の高さ(オレンジの線)が絶妙で、押しても逃げないが、刃を下ろすと逃げるようになっている。バネで逃げるのだ。うまい工夫だが、可動刃は斜めに降りるのだから、ストッパがプラットフォーム方向から見て水平であってもよいのか、詳しく調べてみたい。回転軸にはわずかのガタがある。それには害があるのか、それともそのガタが有効に作用している可能性があるのか、まだ判断できていない。
 深さの目盛りは、ミリとインチの併用であるのは有難い。

 リン青銅板を正確な幅に切り落とせるから、重ね板バネが簡単にできる。窓枠の部材切断なども簡単だ。

slide 切り落とした小さなものが奥に入ってしまうと取り出しにくいので、滑り台を付けた。滑りの良い洋白の板を、少し曲げて貼り付けただけである。切ったものが滑り出して来るのを見るのは面白い。         


コメント一覧

1. Posted by 愛読者   2021年03月21日 10:22
このストッパーの構造は面白いですね。
まず、上から支えられていて、ストッパーの当たるところは回転軸の上にあるということです。だから押しても動きません。刃が下りると容易に回転して逃げますね。おっしゃっているガタは微妙な逃げを作っているのではないでしょうか。以前出てきたバーサインではないかと思います。刃は斜めになっていますけど、材料は水平ですから良いのではないでしょうか。 
2. Posted by dda40x   2021年03月21日 21:06
 コメントありがとうございます。
 私も、回転軸のガタはおっしゃるようなことではないかと思っています。これをガタなしにすると刃が降りにくいかもしれません。
 また、刃が斜めでもストッパは水平であるべきなので、何かで突起をつけて、刃の両方の端で当たるようにすると良いのかもしれませんが、作動時に邪魔にならないようにせねばなりません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories