2023年01月15日

内野氏の工夫

 I氏より、とれいん誌の1996年11・12月号に内野氏の工作技法メモが載っていると連絡があった。
pull to expand 今回の edgewise に絡んで、リヴェットのピッチを合わせる方法も開陳されている。これは割合知られたアイデアのようだ。祖父江氏も「引っ張って合わせりゃいいんだよ。」と言っていたし、筆者もそうしていた。

 旧型国電などのドア上のリヴェットである。エッジワイズで作った部品にリヴェットを打ち、ヘッダを張るときに問題になるのだが、調整はわけない。金属は伸び易いものなのだ。

 人間の眼は、平行とは垂直はよく認識するからごまかせないが、長さは絶対値を認識していない。相対的な値としてしか認識しないから、このような方法が成立する。 

コメント一覧

1. Posted by ゆうえん・こうじ   2023年01月15日 09:07
長さは絶対値ではなく割合で認識しているようですね。
1mmで0.2mmの誤差はよくわかるが、10mmでは0.2mm誤差があってもほとんどわからない。
だからリベットでも不均等なのはよくわかるが、間隔が揃っていれば多少寸法が違っていても気にならないのDと思います。
模型でもHO欧州型客車のショーティーは、高さはそのままで長さだけを1/100ぐらいにしてあったのも、その感覚の特性をうまく使ったのだと思います。
2. Posted by 読者   2023年01月16日 10:14
ショーティーの話はさすがに誇張しすぎでしょう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ