2022年08月17日

multi-function testor

 地元のクラブの月例会に行ったところ、IM氏が呼び止めて、「見せたいものがある。」と言う。IM氏は引退した電子工学のプロである。
multi-function testor「ほら、こんなものがあるのですよ。2000円くらいかな。ちょっと、やってみてください。」と古いトランジスタをいくつか差し出す。本体は小さなものである。9 cm x7 cm x 3 cmほどで、USB電源から充電して使う。 充電は10分で終わる。
 そのテスタのどの端子につなぐのかを聞くと、「どれでも良い」と言う。そんなバカなとは思ったが、適当につないでスウィッチを押すと、1秒ほど機械が考えて、このような絵がディスプレイに出た。

 ベース、エミッタ、コレクタを判定して示し、増幅率が出る。 死んだトランジスタはすぐ分かる。他にキャパシタの容量、ダイオード、抵抗、何でも来い、である。ただし、SCRだけはわからない。死んだトランジスタ?と表示される。

 送料込みでこの価格であるから、買って損はない。アマゾンで探されたい。 

 あまり電気工作はしなくなったが、安定化電源を作ったりすることがあるので、たくさんあるトランジスタの中の不良品排除には、効果が期待できる。 古いトランジスタ(使用したもの)がたくさんあるのだ。

コメント一覧

1. Posted by YUNO   2022年08月17日 19:59
この手の電子機器や電子部品は、中国の製造元から直接買えばもっと安く購入できます。
通販サイトもちゃんと日本語に対応しているので、利用方法を覚えて損はないです。
https://ja.aliexpress.com/item/32964640242.html
2. Posted by dda40x   2022年08月20日 11:46
 元は中国製なのですね。道理で、付属のクリップが壊れているわけです。
 動作は面白く、手持ちの素子を片っ端から調べて、不良品を排除しています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ