2022年02月08日

切断機の整備

 遠藤機械の切断機の出入りが多い。最近はこの機械のディーラになったような気分になる。立て続けに古いものが持ち込まれ、処分を依頼される。ほとんど切れなくなったものもあるが、鉄クズで捨てるには忍びないので、再生させる。再生品はクラブ員などに世話することになる。

 刃がガタガタのものがある。全部分解して、刃を研ぐ。この種の刃は、当たり面を触ってはいけない。材料に接する面だけを研ぐ。荒砥、中砥と来て最後はアーカンソーで研ぐ。最初の二段はダイヤモンド砥石で研いだ。無茶な使い方をしていたらしく、刃こぼれがひどい。長時間研がねばならず、結局、ダイヤモンド砥石がタダの鉄板になってしまった。
 当たり面のカエリだけを擦り落とし、研ぎは完成だ。SK鋼の鈍い輝きはなかなか良い。

 刃が上下に滑る溝には薄い鉄板が入っていて、その厚さが切れ味を決めている。先回到来したのは、限界まで刃をせり出していた。しかし、その鉄板に当たって、それ以上刃の隙間を小さく出来なかった。 切れるようにするには、その鉄板を薄くする以外ないのだ。0.2 mm削って研いだ。組み直すと素晴らしい切れ味になった。こういう作業は、工作機械があればこそだ。 

 この切断機の駆動シャフトはΦ16であった。これもシャフトが軟らかく、ネジを締めると変形してハンドルが抜けなかったり、カムがあらぬ位相にまで廻り始めていた。
 こういうものは、工具なのだから、分解できなければいけない。分解整備できないようなものは、工具とは言えない。これも前回と同じで、普通の分解を諦めて、鋸で切断した

 硬いS45Cのシャフトを磨棒鋼屋で取り寄せてもらい、縦フライスで加工して、カムの取り付けネジの座を作った。また、折れないハンドルを付けるには、少し細くしなければならない。径を15.87 mm(5/8インチ)まで削って、キィ溝を彫った。磨棒鋼屋は、同じ材を何度も買いに行くので不思議そうな顔をしていた。 
 このS45Cという材はかなり快削で、旋削は気持ちが良い。あっという間に作業は終わった。ハンドルを付け、キィを入れた。キィはスルスルと入り、ハンドルは微動もしない。カムには派手な打痕があり、油が固まって汚いので、全周を研磨した。こういう作業は楽しい。

 出来たものを発送するに当たり、少々考えた。完全に衝撃から防護すると同時に、他への影響も小さくせねばならない。ダンボール箱の中でこんな重いものが踊ると、箱を突き破って周りのものを傷つける可能性もある。

Packing Shears (1)Packing Shears (2) 15 mmの合板を切って、ずれないように縁取りを接着剤と木ネジで付ける。切断機をはめて、ずれ留めをねじ込む。上からは、これも大きな合板を切って押さえを作り、載せる。こうしておけば、かなりのショックに耐えられる。一番上の合板が箱の内法と一致しているところが、ミソである。やや厚い合板の切れ端を大量にもらったので、ふんだんに使っている。

Packing Shears (3)Packing Shears (4) 箱に入れて押さえを載せ、蓋を閉めてテープ貼りをする。重いので、持ちにくい。太めのロープで2重に縛れば、運び易い。これで 24 kg強であった。
 重心位置を書いておいた。郵便局はあまりの重さに驚いたが、25 kg以下なので、文句はない。発送先には重い箱が届く旨、知らせておいた。先方は、この梱包を随分お気に召したようだ。  

 工具の整備は楽しい。切れ味が戻ると感動する。        

コメント一覧

1. Posted by ディーラー   2022年02月08日 12:48
この箱、部品として売れますよ!
2. Posted by F   2022年02月08日 13:31
要返却 でリユースとして、次の方への箱にされては如何ですか?
3. Posted by dda40x   2022年02月08日 20:49
 ディーラー氏から電話を戴きました。これが欲しいと思ったのは、切断機を仕舞って置けるからだそうです。マンション住まいでは、あのようなゴツい金属の塊があると危ないし、上にものが置けないのだそうです。
 箱の中に入れられて、それが踏んでも壊れないものであれば、上に別の重いものを載せても大丈夫で、いろんな点で助かるのだそうです。合板を切ったものをキットとして売って欲しいと言うのです。
 そこまでは考えませんでした。なるほどという感じです。箱は120 cmリンゴ箱を想定しています。
4. Posted by コン   2022年02月08日 23:22
 この切断機は自分のです。愛着のある機械なので、復活していただいて感謝です。刃の仕上げにアーカンサスまで使われたのですね。恐れ入りました。帰還した切断機は恐ろしく良く切れます。感動モノです。
5. Posted by 読者   2022年02月09日 08:30
素晴らしいですね。私のもお願いしたいです。カムとシャフトの輝きが最高です。ボロい機械も生き返りますね。恐ろしくよく切れる、というのがすごいと思います。
6. Posted by ム   2022年02月13日 14:15
ウチのエンドウの裁断機は整備にいつ出すか?と思っているうちにメーカーが絶版になってしまったので「整備やってくれないか」とガッカリしているところです
7. Posted by dda40x   2022年02月13日 20:31
ご希望ならやります。余りにもひどい刃こぼれは直りませんが、ある程度の研ぎ直しとテーブルの増設が出来ます。
ハンドルは在庫切れになりました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ