2021年11月16日

上手さ と 速さ

 ヤスリがけは、ハンダ付け、穴あけと並んで、金属工作の大単元である。これを軽視する人は多い。先に真ん中を凹ませる話を披露したが、いまだに「そんな事できるわけない」と思っている人は多いようだ。そういう人は向上しないだろう。

 H氏の話は続く。H氏は電車を製造する会社に居た。そこで、木工職人を雇う必要があった。広告を出して、志願者を集め、実技試験をするのだそうだ。完成見本はなく、図面だけを見せて、窓枠や座席の枠などを作らせる。道具は会社の備品を使っても良いし、自前のものでも良いことになっていた。

 制限時間は3時間だそうだが、30分で持って来る人と、3時間きっちり掛けて仕上げる人の作品を比べると、早い人の方が数等出来が良かったそうだ。
 要するに、頭の中に作品のかたちが出来ていて、それに近づければ良いという人の作品の出来が良いというわけだ。あっちを削り、こっちを削って仕上げる人は結局は時間の無駄使いであって、ろくなものは出来なかったと言う。筆者には納得できることが多い。

 工作の上手な人は速い、というのは真理だろうと思う。内野氏の製作速度には、いつも驚かされたことを思い出す。祖父江氏はさらに速かった。

コメント一覧

1. Posted by themikes2000   2021年11月16日 11:39
5 確かに会社でも部下にプレゼンテーション資料を頼んだ時に、速く作り上げてくる方が、遅い方より格段に出来が良かった。観察していると、遅い方は作り始めるのは早いが途中で作り直しを何回もやっていた。一方で、速く作り上げてくる部下は作り始めるのは遅いが、作り始めたら一気に完成させていた。つまり、作り始める前にじっくり頭の中で構想を練っていたのである。頭の中で構想を作り直すのは一瞬である。
工作もプレゼンもあらかじめ準備、構想をしっかりと組み立てておくのが大切だ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ