2021年10月31日

GG1の駆動装置

 S氏が来てくれたので、今後の予定を話し合った。

 懸案のGG1を完成させねばならない。車体と台車枠を提供してくれたDennisが「早く作れよ。」とつっついてくるので、なんとか今年度中には走るようにしたい。  

GG1 driver centerquill drive casting 問題は車輪である。Φ30の車輪を提供してくれたが、あまり実感的でない。この種のクイル駆動の車輪はスポークに相当する部分が外側に出ているべきなのだ。それがタイヤ面と同一なので、実感がない。
 ロストワックス部を作り直そうかと思っていたところに、Φ30のLow-D車輪がいくつか出てきた。これは土屋氏の希望で作ったものの残りである。輪心部は平面なので、そこに3Dプリントのレリーフを貼り付ければ簡単である。 

 Low-Dは摩擦が少ないが、客車10輛を牽く程度の負荷なら、問題はない。客車はブラス製の Congressional である。1輌1.5 kgほどもある重い車輌だが、軸受にはボールベアリングが入っているからだ。

twin-motor GG1は、25ヘルツの交流11000 Vで走る機関車である。整流装置は持たず、交流をモータに流している。そのための低周波数である。
 モータは385馬力の小さなものを12台積み、それらはクイル駆動で動輪を動かす。すなわち1軸2モータである。実は当初それを作ろうと思っていたのだ。本当に作動する駆動方式(実物通りでない方式)も計画に入っていたが、牽引力を考えると難しかった。スリップが1軸でも起これば、牽き出しは難しい。これも、3条ウォームによる全軸連動方式になる。

 1974年に筆者は、現役時代のGG1を見ている。すでにAmtrak塗装になり、侘びしい姿であった。通勤列車を牽いていた。

 古いTrain誌に記事があり、興味深い話が沢山ある。  

コメント一覧

1. Posted by 愛読者   2021年11月01日 10:58
どんな駆動方式を考えていらしたのですか。クイル方式ではないが、吊掛けでない方法だと思いました。
2. Posted by dda40x   2021年11月01日 19:36
 仰せの通りで、平行カルダンを考えていました。本物はピニオンと大歯車ですが、もう一段噛ませてカルダン軸を短いユニヴァーサルジョイントで実現するという手でした。
 設計は終わっていますが、牽引力が大幅に損なわれる可能性があるので、断念しました。
 12個のモータを台枠に固定しても、動軸にバネが効いているというのは面白いはずでした。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ