2020年11月01日

続々々 ガスタービン機関車の運転 

 燃料に関する注意もある。

tender connection 始動時にはディーゼル油(軽油)を使うが、後に重油に切り替わることになっている。しかしテンダの重油の温度が低すぎる場合は、軽油のままで燃焼を続ける。その時は出来る限り機関車を動かすべきではない。セレクタ・ハンドルをM2にして、主燃料(重油のこと)が十分に加熱されて自動的に切り替わるのを待つ。主燃料の燃圧計を注視せよ。そしてスロットルをアイドリングに戻せ。
 切り替わらない時は、テンダからの燃料パイプを調べ、ヴァルヴが開いているか確認せよ。


temperature gage 第二世代の重油の加熱は水蒸気を吹き込む方式だったが、第三世代のテンダの加熱は電熱である。テンダへの配管以外に電線が渡っているが、テンダの油温は現場に行って見なければならない。テンダの両方の妻面下方にある丸い装置である。当時はテレメータが困難な時代だったのだ。温度は110℉から200℉(43℃から93℃)であれば良い。「触われるが、長く触わっていられないような温度であれば良いのだ。」と、Tomは言っていた。 

コメント一覧

1. Posted by Tavata   2020年11月07日 22:37
ヒートパワーケーブルと燃料のフレキシブル管の位置関係が面白いです。
漏れた燃料が電線に掛からないようになってますね。
2. Posted by dda40x   2020年11月08日 08:22
 第一世代、第二世代も重油パイプは低いところを通っていました。屋根を延長してテンダの歩み板の裏につないでいたのは蒸気パイプと電線だけです。
 重油はテンダの底に近いところから取らざるを得ないので、低くなるのは当然かも知れませんね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Categories
  • ライブドアブログ