2020年07月28日

メルクリンの失敗

maerklin UV joint コメントの中にメルクリンにも間違いがあったという情報があり、詳しく調べてもらった。もう当該の模型は手元には無いそうだが、その組立図が見つかったのでリンクを送ってくれた。

 これはまずい。現物もこの通りであったという。スプラインを外して差し替えることができない構造だったそうだ。
 その後の製品にはまともなものが出て来たようで、その一群がおかしいということらしい。

 メルクリンがまともな会社ならば、これを本社に知らせると直ちに応答があって、改良品を送って来るだろう。あるいは最寄りのサーヴィス・ステイションで交換に応じる筈だ。筆者にはその資格がないが、お持ちの方は連絡してみて、その応答をお知らせ戴くと有難い。

 角速度変化は挙動にはっきりと表れる。 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ