2020年03月18日

真ん中を凹ませる

 先日の記事で、ヤスリで平面を出す方法について述べた。コメントそのものは少なかったが、コメント欄を通じた<私信>はかなり来た。私信であるから、公表はできない。知っている人も多かったが、未知の人からも来た。連絡先は書いてない。

 かなりの調子で、「ありえないことを書かないほうが良い」と言って来た。自信家と見える。「あの固い鉄のヤスリは曲がりません」と書いてあるのだ。鉄という言葉が間違っているのは、ここでは追求しない。どんなものも、力を入れれば曲がる。

 こういうことを言う人は、ご自分の見聞きしたことが世の中のすべてである、と信ずるタイプの人であろう。いわゆるスクラッチ・ビルダの中には多く居る。自分がアマチュアであることに気が付いていない。世の中は広いのだ。過去のTMS の記事はこういうタイプの人が書いた記事が大半である。だから進歩が殆どない。プロの世界を紹介する記事、プロから見た見解を書いた記事が必要なのである。

 この件をクラブの掲示板に書き込んで、経験のある方はご披露下さいとお願いしたところ、年配の会員がこのように書いて下さった。
 その通りです。R加工のときは反りを大きくします。小生は63年前、仕上の授業で習いました 余談ですが平ヤスリには片面にRが付いており、反対面はストレートです。手持ち(200 mm)を確認したところ、1本は両面ともRが付いていました。(フラットな面も先端は細くなっています)R加工の反りは、スェイさす事です。

 
確認したところ、スェイとはスウェイ(sway)揺動させることである。

 また今野氏から、これまた年配のフライス工の方が、
手作業なら出来るよ。フライスが無かった時代は、そうやって平面を出していたもんだよ。」
とおっしゃっていた、と伝えてくれた。 

 ヤスリを反らせるにはコツがある。筆者の習った方法は、下記のようなものである。まずヤスリのわずかに丸味のある面を下にする。左手の親指を中央に当て、中指と薬指を先端に掛ける。押す瞬間に力を入れると撓む。丸味をなぞるように押す。
 できないと言っている人は、プロの世界を知らないのである。筆者はそういう世界が好きで、覗くのが趣味であった。もうすでに、そのようなテクニックは殆ど世の中に存在しないが、特定の場所にはまだ存在している。


 大きな会社であれば、技能五輪に出場するための部署がある。某企業の担当者とは親しいので聞いてみた。それは当然という感じで教えてくれた。
 ヤスリだけで定盤を削り出せるそうだ。そういうところでは高級なヤスリをまとめ買いして、選り出して使う。残りは廃棄する。それを筆者のところにも、時々廻してもらっていた。余談であるが、日本の選手は優秀だそうだ。
 時として課題に間違いがあるそうだが、それを指摘するという。他の国の選手は出来なくて困っていた。出題側は、間違いを認めて問題を修正したそうだが、その時点で日本の入賞は決まっていたらしい。


コメント一覧

1. Posted by skt   2020年03月18日 10:22
試しに20センチの平ヤスリの先端に指をかけて、親指で真ん中あたりを押すと僅かですが簡単に撓みますね。でも実際にこの撓みを維持してそのカーブに沿ってヤスリをかけられるのかなと思いました。ちょっとやってみたら、反らせる方の手の力のかかり方のせいで、わりと自然にカーブに沿って動かせるのかもしれません。しかし、本当に凹みをつくるようにヤスるのは、至難の技でしょうが。
2. Posted by むすこたかなし   2020年03月18日 12:46
「百聞は一見にしかず」でしょうか。
凹みをつけるのとは違いますが、ヤスリで平面を出す作業です。
https://www.youtube.com/watch?v=as19CRhWAC8
両手で持つことや、ヤスリのコバを落としておくこともプロの世界では当たり前なんですね。光明丹やチョークを使うのは、滴定用の指示薬に通じるものがあると感じました。
ヤスリを大きく動かすのではなく、細かく動かして平面を出すのには「へぇ〜」と思いました。つい糸鋸のように端から端まで使いたくなります。
3. Posted by dda40x   2020年03月22日 22:18
 ヤスリ仕事は奥が深いものです。アマチュアで正しい知識を持つ人は非常に少ないと感じています。
 菅原氏の「技法」書には、教科書的なことが多く書いてありますが、プロの人を取材しているようには感じられません。
 ブラス工作はヤスリとハンダ付けが最大の単元です。軽く考えるべきではないと思います。
4. Posted by northerns484   2020年03月29日 21:45
> 時として課題に間違いがあるそうだが、それを指摘するという。

昔見た番組でまさしくこのような場面が放映されていました。あまりにも印象が強烈で、今でもよく覚えています。

調べてみたら、1997年9月7日放映のNHKの「1000分の1ミリの戦い〜技能五輪・技術立国再建への挑戦〜」という番組だと思います。

ご本人が当時を振り返られているのが、
https://www.youtube.com/watch?v=KF3aa2tnVMk
の2分19秒あたりから見られます。

このエピソードは
https://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/files/data/201402/20140205/20140205.pdf
の24ページにも触れられています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ