2019年11月22日

中澤 寛氏の死去

 中澤 寛氏の奥様から、訃報を受け取った。あまりにも早く、ただただ驚いた。博物館の完成時には来て戴けるとのことで、お互いに楽しみにしていた。

 中澤氏は2年ほど前から体調を崩され、時々入院したりしていたが、とても精力的に活動されていた。筆者とは頻繁にメイルをやり取りし、例のTMS問題では、今後改善されるのか、ということを心配されていた。

 先月末に、「マイルが貯まっているので、点滴の合間に、来月、Empire Builder大陸横断弾丸ツアーをする予定です。Seattle -> Chicago、金曜発で水曜夜に帰ってきます。往路はSFO乗り継ぎで、電車の乗りつぶしもしてきます。」との連絡があった。その土産話を楽しみにしていたところだ。
 類まれな、手先の器用な方で、アイデアを形にする天才であった。お互いに情報交換をして、楽しい時間を共有できたのは、筆者にとっても幸福なことであった。

 中澤氏は、「走る鉄道模型」を実践された方だ。とはいえ、ディテールの表現、ギミック、塗装は素晴らしく、バランスの良い模型を作られた方である。
 ご冥福を祈る。

コメント一覧

1. Posted by 村田   2019年11月22日 10:16
今年の鉄道模型芸術祭で10数年ぶりにお会いして路面電車関係の話をして、来年またお話するのを楽しみにしていたのに残念です。
ご冥福をお祈り致します。
2. Posted by モハメイドペーパー   2019年11月22日 10:27
 10月に関東合運でお会いしているので、まさか、です。今年、模型でお付き合いのある方が4人、亡くなられたことになり、しかも、すべて私より若い。なんともやりきれない気持ちです。
3. Posted by 一式陸攻   2019年11月22日 12:15
とてもショックです。
氏とは直接の面識はありませんでしたが、氏のギミックを追い求めてDCCに手を出したりと自分にとって大きな存在でした。
大変悔やまれます。
4. Posted by むすこたかなし   2019年11月22日 16:22
関東合運では玉電を興味深く見ている私に、面識が無いにも関わらず詳しい説明や超低頭ネジが「ウィルコ」https://wilco.jp/から買えることなどを教えて頂き、とても助かりました。いつか御礼を言いたかったのですが、残念です。
5. Posted by dda40x   2019年11月23日 08:04
 中澤氏とは機構学的な分野で様々な情報交換ができました。本を読んだだけでできると思ってしまう人ではなく、「実際に作ってみなければ、わからないところもある」という点で共通の認識を持つことができた、数少ない友人でした。要するにプラグマティズムに溢れた方であったということです。最近はインターネットの進歩で、様々な情報を集めてそれを発表して悦に入る人が増えて来た中で、作ってみて改良点を探し出すことに出来る貴重な人材でした。AIが進歩すると、情報探しは機械の勝ちになります。改良点探しは人間の仕事ですからね。
 また、3条ウォーム、等角逆捻り機構、集電方式、分岐の製作など、いわゆる車輛工作で終わらない基本的な部分を大切にする方でした。また、お互いのアイデアの披露は楽しいものでした。
 ただ、勾配上の挙動についてはデータがないので、是非博物館の勾配上で100輌超の列車がどのような挙動をするのか見たい、と仰っていました。何度か入院して手術されましたが、薬の効果が現れ、元気にメイルを下さいました。
 TMSの記事に関しては、「残念だったが、改良されるきっかけを作ってくださって感謝してます。」と連絡戴きました。
 もう少しお話がしたかったと思います。合掌

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ