2019年07月30日

矜持

 M氏は、どうしても筆者を黙らせたいようだ。人格攻撃まで書いている。筆者を異常性格者として葬り去りたいらしい。これはナチスが使った手口である。正当な意見を言う者を精神異常として拘留し、殺害した。
 しかし、この件については、異常な人に異常と言われると、ひょっとしてまともかも知れないから、少し安心している。このブログに書いてあることなど、無視すればよいのに掴みかかって来るというのは、ひょっとして、このブログは大きな力を持っていると勘違いしたのかもしれない。無視されるが良い。

 ”貧すれば鈍す”という言葉がある。筆者の人生の中では、どういう時に使うのかが分からない言い廻しだったが、好例を見つけた気がする。井門氏は金があるから、逆らっても無駄だと書いているのだ。まさか、そういうことを言う人だとは思わなかった。彼は矜持を捨て去ったようだ。

 残念ながら、当方はそんなことには全く利害関係がない位置に居るということが分からないようだ。HOを楽しむ友人がたくさんいて、皆迷惑しているのは最近知った。ウソの入った情報をばらまき、国鉄型は1/87、 12 mmゲージが正しく、1/80はガニ股で見るに堪えないと攻撃する。そんなことを許しておくわけには行かない。

 誰かが言ったが、それは義侠心なのだそうだ。強きをくじき・・・、何とか、ということを言うつもりはないが、間違っていることに対して、間違っていると言うのは正当な権利である。とやかく言われる筋合いはない。
 筆者は昔から、誰に対しても同じようにものを言うので、摩擦が起きることがあった。しかし結果として、すべて良い方向に行っている。負けたことはまずない。客観的なことは覆せないから、勝ってしまう。
 私たちはこのように解釈している、などと言う連中は、最初から負けを認めているのと同然だ。

 このブログは、広告の無い無料新聞である。圧力に影響されるわけがない。日本に確かな鉄道趣味雑誌がないから、始めたブログだ。読んで、なるほどと思う人が居れば、それで目的を達している。抑圧された雑誌とどちらが価値があるかは、読者の判断である。      


コメント一覧

1. Posted by 普通の模型愛好家   2019年08月04日 19:47
なるほど、客観的なものは覆せないのですね。覚えておけば役に立ちますね。裁判の証拠は客観的なものだけにして、攻めれば勝てるわけです。法律にもお強いのですか。負けたことが無いというのはすごいと思います。
義侠心というのも素晴らしいと思います。なかなかできませんね。
あの文書には腹が立つことが書いてあります。誰もそれに異を唱えられませんでした。今回、ウソがばれて一歩後退させました。全面撤回までもうすぐですね。
2. Posted by dda40x   2019年08月09日 07:42
 自分には全く関係がない世界のことですが、ウソをついて人に迷惑を掛けるようなことを、見過ごすことはできません。
 子供の時から、義を見てせざるは勇無きなり 、という教育を受けて来た人間なので、口を出しました。こういう性格ですから、いろいろなことに担ぎ出されますが、結果としてはすべて勝っています。と言うよりも勝てることしか、争いません。
 もう20年以上前になりますが、公正取引委員会に申し立てたことがきっかけで、複数の大手洗剤メーカの社長が相次いで辞任しました。勝ち負けの分からない人がトップに居ると、会社が傾く良い例でした。当時の新聞の第一面に載りましたから、かなりインパクトのある事件だったのでしょう。化学屋を侮ってはいけないということなら、本望です。 

 HOは全く経験はありませんが、あの文章を見れば黙っていられません。
 所蔵のHOは、博物館に寄贈されたBig Boy, Niagara, DD35Aの3輌だけです。O, HOの大きさ対比用で、ガラスケースに入って並んでいます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ