2019年02月01日

ゲージ論始まる

 筆者はゲージ論には興味があるが、深く立ち入ることは避けて来た。自分自身がOゲージャであり、HOについてはほとんど知識がないからだ。

 先日来話題を提供して下さっている Empirebuilder氏が、長文のゲージ論に関する手紙を寄せられた。興味深い内容なので、紹介したい。長いので3回に分けて掲載する。コメント等はすべてが終了してからお願いしたい。
 Empirebuilder氏は長いアメリカ在住経験のある方で、かの地の模型事情にも詳しい。(本物にはもっと詳しい。)

私はHOHOn3だけを楽しんで来ました。12 mm13 mmについては門外漢で、細かいことはわかりませんでしたが、いくつかのコメントを読ませていただき、勉強になりました。他ゲージのことにはほとんど興味がありませんが、HOゲージャーとしては最近勝手に新しいゲージ名が作られ、鉄道模型の規格についての知識不足と相まって、無用な議論がされてきたように思えます。HOそのものについても基本的な理解不足が目立ちます。 

日本型HOについては規格がないという人もいますが、NMRAの規格に準拠することが前提です。日本型のために必要な規格はありません。dda40x氏の記事中の1/481/45と同じです。簡単に言えば、日本型をNMRA規格のHOスケールに乗り入れするために16.5mmゲージを採用し、車体も1/87では小さすぎ、それこそ蟹股になることもあり1/80とされています。ナローではなくなりますが、標準ゲージとしてはバランスが取れています。私には蟹股に見えません。正面から見た時の軌間と車体のバランスは良いと思います。蟹股という方のデザインセンスがわかりません。標準ゲージの採用を前提として製作されてきた国鉄型ですので、当たり前ですが。

実際にはそれでもアメリカ型より小さめですが、同じ線路上を走行させても違和感がなく、その証拠に今でも多数の方が採用しています。NMRA規格では1/8716.5 mmゲージが採用されましたが、鉄道模型はすべて縮尺通りには製作できません。そのために規格が必要となり、設定されています。簡単に言うとNMRA規格のほとんどは当然ながら、1/87の縮尺通りではありません。線路があって、その上を走行する車輪があり、さらに車両限界が設定されています。この規格内で走行する車両すべてがHOスケールなどと呼ばれます。実物の乗り入れと同じです。(ただし実物の乗り入れ時のような共通化のためのドアの数、位置などの決めごとはありません。)できるだけ広く、多くの車両が乗り入れできるようになっています。HOスケールは線路、車輪、車両限界が規格内であることが、必要十分条件です。最近は行き過ぎたスケール重視から、日本型の1/80をJスケールとするなどとの暴言が聞こえてきますが、上記の通りHOスケール規格自体ほとんどが縮尺通りではありません。さらに古典機などは1/75などの縮尺で作られています。JスケールではなくKスケールでしょうか?自由形は何スケールですか?同じレイアウトを走行する車両にいろいろなゲージ名をつけてどうするつもりでしょうか。規格はすべてを規定するものではなく、できるだけ決める範囲を狭くして、自由度を増すものと思います。縮尺をどうするかは、車両限界内であれば設計者に任せるべきです。そのセンスが模型に表されます。古典機の設計は個性が出て楽しいものです。このセンスに縛りをかけるような、野暮なことはやめたいと思います。

                                         (続く)



コメント一覧

1. Posted by たづ   2019年02月06日 22:04
>標準ゲージとしてはバランスが取れています。(中略)標準ゲージの採用を前提として製作されてきた国鉄型です

なんとなく思っていたことですが、1/80・16.5mm軌間に#110車輪を用いた場合、バックゲージが14.5mmあるためタイヤ外側では20mmになり、実物標準軌間のタイヤ外寸と同程度(1360+125×2=1610)になります。道理で違和感がないわけでした。模型メーカー製の日本型蒸機を正面からにらめっこしてもカプラー高さ以外の実物図面との相違になかなか気づけないほど、巧妙にデザイン処理がなされています。
ケーディーの場合、日本形蒸機前面のカプラーが1mm低い違和感だけは残るのですが、開放ピンの高さ定義が厳しかったX2E/Fカプラーが長年用いられた名残なのでしょうね。ただOO用に中心高11.5mmの規程もあり、11mm近くを採っても差し支えはなかったかと思います。
走行に支障させてまで1/87で狭軌にしようとした日本形HOの混乱は、新幹線の模型を1/87で作ってしまったこと(展示用の0番は1/45・32mmで矛盾を生じていません)、将来的にも相互に直通することがないと思われていた実物の在来線と新幹線が「ミニ新幹線」で直通してしまったことが模型にも影響したのかと考えます。
ただ、1/80だとフル規格新幹線が42.5mm幅になる(1/87だと39mm)のが走らせる上でどこまで影響するか、はわかりませんが。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ