2018年05月20日

禿臍凹羯瓩竜事

 栗生氏のブログに禿臍凹羯瓩亡悗垢覽事があった。筆者も禿膸瓩涼作には興味があったので、ある程度はピックアップしてある。65年以上前の雑誌であり、著作権の問題がないので、複写してUPする。趣味者は助かるはずだ。意外なことがたくさん書いてある。最近の鉄道雑誌の記事は、また聞きの話が多い。この時期は当事者が書いているので、信憑性が高い。
 
Pictorial 1 1951年の鉄道ピクトリアル創刊号である。C62についての記事を書いている。C62 が現れてまだ3年ほどしかたっていない時期で、その成功は国鉄内部でも誇らしかったのだ。アメリカ流の発音のハドスンとあるのが興味深い。
 この号の半分はアメリカの鉄道の紹介である。おそらく占領軍の意向が働いている。アメリカのものを貧しい日本国民に見せつけるためだ。

 山陽線にはまだ入っていない時期である。記事は淡々と書いてあるが、日本に初めて出現した 4-6-4 を紹介するにあたって、執筆者自身の興奮を抑えきれないところも見える。 

Pictorial 3 この号は9,10月の合併号である。最初の1年は、まともに月刊では出ていない。
 アメリカの鉄道を見てきた時のことを紹介する記事である。蒸気機関車とディーゼル電気機関車の両方に添乗しているところが面白い。この当時、蒸気機関車はかなり老朽化していたことが分かる。ディーゼルは車体の長さが大きくて不利とある。また最低速を下回るとモータを損傷することも問題視している。
 また、ガスタービンの効率が良いと過大評価しているが、それは調査不足だろう。安い燃料を使えるということが、最大の利点だったはずだ。

 しばらく休載させて戴く。家族の用事でしばらく出掛けることになった。6月の第2週には再開できるだろう。ついでにSan Joseで開かれる O Scale West にも顔を出す。講演を指名されていて、行かざるを得ない。光栄なことではある。


 宮崎氏のご指摘を検討しています。とりあえず表紙だけの公表とします。現物はあるのですが、触ると崩れそうで、開く事もままならない状況です。
 博物館が開館しても初期のTMSやピクトリアル、戦前の科学と模型等は開架では公開できません。ウェブ上で公開できれば有難いのですが、これでは宝の持ち腐れです。今出先で画面も小さく、キーボードが使えないので、簡単な記述に留めます。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ゆうえん・こうじ   2018年05月20日 09:08
<この号の半分はアメリカの鉄道の紹介である。
<おそらく占領軍の意向が働いている。
<アメリカのものを貧しい日本国民に見せつけるためだ。

第二次世界大戦敗戦後の米国の日本占領政策は、政治のみではなく文化のアメリカ化も強く押し進められて、鉄道模型もその例外ではなかったのだと思います。そういう意味では米国指向の強かったTMSが優遇され、模型製造業者も占領軍や経済的に富裕だった米国相手に仕事をせざるをえなかった経済的事情で。日本の鉄道模型はアメリカ指向というか偏向して戦後発展したのだろうと思います。こういう社会情勢が、16番(1/80 16.5mm)の誕生・発展にも大きく関わっていたはずです。
2. Posted by 宮崎 繁幹   2018年05月20日 11:18
いつも拝見している者ですが、著作権に関して誤解されていますので、ご注進申し上げます。雑誌の公表後50年で権利消滅は、雑誌全体が著作物として保護されている期間のことで、個々の記事の著作者の権利とは異なります。個々の記事の著作権は、引用された説明にもあるように、著者の死亡後50年は保護されます。著者の福島氏は、ご長命で2007年に93歳で、亡くなられたのとのことですから、未だ当分の間は著作権が消滅することはありません。
3. Posted by 一読者   2018年05月20日 14:27
いつも興味深く拝読しております。
本文を読み、講和発効後の1956年に占領軍が雑誌記事に注文をつけられたのか、と気になりましたが、表紙写真には1951年とありましたので、納得いたしました。
些細なタイプミスをあげつらうつもりは全くありませんが、ネットでは検索対象になるのはテキストだけですので、ご訂正いただいた方がよろしいかと思い、コメントさせていただきました。

ーーご指摘ありがとうございます。修整しました。ーー

4. Posted by たづ   2018年05月20日 15:09
ガスタービンは鉄道用としてはほぼ下火ですね。船舶用もほとんどが軍艦ですし、軍隊でも極力これに統一していこうというものでも無いですね。発電用とちがいコジェネレーション化は大きさ的に無理で、単体では実用上の燃費がかなり悪いので。
潤滑油の予熱なしに緊急起動・高出力運転が可能らしいというのはどこかで聞いた気がしますが。
5. Posted by ゆうえん・こうじ   2018年05月21日 15:57
日本の鉄道模型雑雑誌で、DVD総集編がでない理由のひとつは、デジタルに複製する著作権の問題が解決できないこともあると聞きました。厳密には著者か遺族に承諾書をとらないとデジタル複製化して販売できないそうですね。
日本国内外を問わず学術雑誌では投稿するときは、デジタルに複製する著作権の許諾の書類に署名しないと受付けてくれないことが最近は普通になりました。

なお鉄道模型雑誌の投稿時にそういう書類に署名を求められたことはありません。・・・というか実質原稿買い取り制みたいなもので、TMSでも特集シリーズに再掲載されても献本はもらえるが、追加の原稿料はもらえなかったようです。

著作権保護はよいことですが、それがアダになって昔の優れた論文や記事が読めないことも多いのは残念に思います。
米国のモデルレールローダーなど模型雑誌は、いくつか総集編DVDがでていますが、デジタル複製著作権どうなっているのか気になります。
dda40xさんは英文誌にも投稿されているようですが、契約書に記載されているのでしょうか?
6. Posted by dda40x   2018年06月11日 17:12
たくさんのコメント、メイルを戴きまして有難く思っています。結果として、少々勇み足でしたが、当時の雑誌社が何を考えていたかは不明です。
個人名の記事も、著作権を留保しているとは考えにくい節もあります。

当時の日本社会で著作権についてそこまで厳密な契約等は考えられていなかったでしょう。あったとしても残っているかどうかですね。
一度出版社に聞いてみましょう。当たり障りのない答えしか返って来ないのは承知の上ですが、ひょっとして一歩を踏み出すかもしれません。
TMSの特集シリーズの扱いは不可思議でもあります。

いずれにせよ、貴重な情報が研究者の眼に触れにくい状態であるのは、国家的な損失です。 

英文誌の出版契約にはディジタル複製の権利を認めるというところにサインした覚えがあります。

7. Posted by dda40x   2018年06月11日 23:10
ガスタービンは商用船舶には使われません。
その理由はタービンブレードにある塩の蓄積が起こるからです。
石油中にはバナジウムがごく微量含まれています。それを燃やしてエネルギィを得るわけですが、海の上では海塩からのナトリウムイオンと結合して、排気ガス中にバナジン酸ナトリウムという化合物が生成します。
これは融ける温度が低く、タービンブレードにガラス膜となってくっつきます。するとタービンの翼型が狂い、効率が激減します。
即ちメンテナンスコストが跳ね上がるので、軍用以外にはまず使われなくなりました。
おっしゃるように、冷間起動でも20秒ほどで最大出力が得られるのは素晴らしいことです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ