2018年02月07日

sound cam

 先日クラブの会合で披露したところ、評判の良かったアイデアを紹介する。

 蒸気機関車のサウンド装置には、ドラフト音を動輪の回転と同調させるために、動軸にカムが入れてある。このカムを入れるためには、正攻法としては動輪の嵌め替えをせねばならない。慣れている人には簡単だが、一般的には難しいようだ。

 アイデア商品として、僅かに弾力を持つカムを、開いて軸に無理やり横から押し込むものがある。他に、二つに割って組むものもある。どちらも、そういう部品がないとできない。

 筆者が採用しているのは極めて楽な方法である。クロスヘッドは前後しているので、その前後の死点付近に針金を出しておく。もちろん、絶縁パイプを介して固定する。当たっても抵抗がないように曲がりやすいバネにしておくことが大切である。左右で4点の接触がある。4点も要らないという方は、片方で2点にすれば良い。

 あまりにも簡単で拍子抜けするほどだ。針金は洋白が錆びにくくて良い。線が見えるかもしれないからいやだ、という方は、シリンダブロックの中に入れることもできる。

 この方法は25年ほど前、祖父江氏と話していて思い付いた。氏は早速やってみて、「うまくいくよ。簡単だからいいよね。」ということだったが、注文主から見ると手抜きをしているように見えたらしい。仕方なく回転するドラムを付けていたが、筆者のは、針金接触方式である。誰も気が付いていない。

 このようなヒントは無数にある。Model Railroaderの特集号で”764 Helpful hints”というのがある。楽しい本で、いつも寝る前に読んでいた。類するものは、TMS誌上にもたくさん載っていた。これこそがプラグマティズムである。まともにやろうと思ったら、大変な手間が掛かるが、これでも可能というアイデアを出すわけだ。
 鉄道模型はプラグマティズムの実践の場である。まともに唯一絶対の解を求めていたら、お金や時間がいくらあっても足らない。

コメント一覧

1. Posted by Tavata   2018年02月07日 08:50
なるほど、クロスヘッドとタイミングを合わせるのは、実物と同じなので理にかなってますね。

ドラム接点で調子が良くない(ブラスト音の間隔が不均等)機関車があるので、早速やってみます。
肝は機関車の車体が導通していること(従って両絶縁のプラ製の機関車には使えない)とロッドがガタガタでないこと(ノイズ対策)でしょう。
HO以下の小スケール模型では、クロスヘッド周りは第一動輪クランクピンなどで混み合ってバネの設置が難しいので、シリンダブロック内に接点を設けるのが良さそうですね。
ただ、ピストン棒先端のみを接点として使うと一回転で二回、それもドド・・ドド・・と不均等になってしまうのが悩みです。
今考えているのは、片方をシリンダ内、もう一方をクロスヘッド後端にしようというアイデアです。
結局は往復運動しているどこかにつければよいと考えれば、選択肢が広がりますね。
2. Posted by dda40x   2018年02月07日 21:49
この方法を思いついたのはヤング式ヴァルヴの理屈を考えていた時です。
向こう側のヴァルヴ・モーションを使っているのか、というところで。気付きました。
回転するドラムからピックアップというのは、本当はずるい答なのですね。
音は前後動から発生するのですからね。

プラスティック製の機関車の時は、針金を2本まとめて出さねばなりません。クロスヘッドがプラスティックの時は、さらにその2本が直接に短絡されるようにせねばなりません。考えただけでも大変です。
3. Posted by ゆうえん・こうじ   2018年02月08日 08:43
ドラム接点方式で大変なのは、HO/16番クラスだと接点のメンテです。接点ブラシの圧力をあまり強くするわけにもいかないので、しばらく走らせないと不具合が出ることが多いです。接点ドラムを磨いてやれば復活しますが、面倒ですね。
もう少し電気部品としてまともな?接点を使った方法ができないかと思います。

ただサウンドトラックスもTsunami2では、ドラム接点のオプションを外して、動輪回転検知は、BEMFを使ったモーター回転数検知の疑似同調のみにしましたから、やはり動輪接点による検知というのは問題多いのでしょうか?

4. Posted by dda40x   2018年02月08日 10:37
電気部品としてのマイクロスイッチがあります。ヒゲをカム(機械的なカム)に当てています。これは私が1985年に実用化して、祖父江氏の製品には付けられています。ヒゲの先にローラが付いているものもありますが、ローラは無くても十分でした。
HO以下ではそんな小さなスイッチはありませんから、難しいかもしれません。ただ、マグネットスイッチという手もあります。車軸に小さな磁石を貼り付けておけば良いのです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ