2017年12月27日

転車台インデックス装置の完成

turntable index completed かれこれ2箇月も掛かってしまった。先日ようやくすべての部品を組付け、試運転を行った。結果は上々で、慣性モーメントの大きなものがグワーンと動き、ギューンと正位置に停止する。この写真は10日ほど前に撮ったものである。現在はもう少し進歩している。近日中に動画を撮って、お見せしたい。

round notch 目的の位相に近づいた時、インデックス装置を作動させると、プランジャが伸びて円盤に当たる。プランジャ先端のローラ・ベアリングが刻み目を拾うと、回転している円盤の慣性によってインデックスは横にずれる。その時、ダンピングが起こる。
 以前の写真では平行な切れ目が付いているが、現在はローラ・ベアリングの丸味に合わせて、僅かな丸い凹みが付けてある。

 電線は、通称「尺取虫」で支えてある。これがないと局所的に疲労し断線するだろう。メインテナンス・フリィを眼目としているので、各部分の疲労が無いような設計である。この尺取虫の本名を調べたのだが、分からない。御存じの方はお知らせ願う。

 センタリング装置を作動させると、ゆっくり正位置に向かって動き、アラインメントが出る。センタリングはタンジェントが1/3である。ボール・ベアリングで転がすので、抵抗はほとんど無い。引張る部分はボール・ベアリングで3方向から支えてあるので、抵抗は感じられない。非常に効率が良い。ラックをギヤード・モータが引張ると、するっとセンタリングするが、円盤の大きな慣性モーメントがあるので、ゆっくり動き、時には行き過ぎる。再度センタリングをすると所定の位置に止まる。この動きが実物のようで、満足している。全自動のコンピュータ制御のものとは全く異なる実感のある動きである。
 この装置全体で、ボール・ベアリングは28個使っている。

 円盤は940 mm径だが、フレは0.2 mm以下である。非常に正確にできた。回転橋のフレもその程度であろう。180度廻したときのずれが大きいと具合が悪いので、そこには最大限の注意を払う。

 すべてのモータにはある装置が付けられ、逆駆動も可能であるし、負荷が掛かっていてもモータは停まることもない。さて何であろうか。正解発表は新年にしたい。ヒントは写真の中にある。

 尺取り虫の正確な名前は、椿本チエインのケーブルベヤであることが分かりました。ご教示ありがとうございます。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Tavata   2017年12月27日 15:38
おそらく二重軸で、両軸間を摩擦または粘性で動力伝達しているのでしょう。
オートマ車のトルコンと同じで、伝達先がロックされていても、モーター側がアイドル回転可能ですね。
中軸と外軸の間はグリスが詰められていると推定します。
2. Posted by キハ85-1   2017年12月28日 15:31
ご更新をいつも楽しみにしております。有意義な情報が沢山あって、これまで、折れたタップの除去、炭素棒ハンダ付け装置の自作、ハンダ付け押え治具等々、小生の実際の工作に大いに役立ち、ありがたく存じています。
さて、クイズの答ですが、パイプと中心軸の間にグリスの入った、いわば粘性伝動軸ではないでしょうか。配置上の必要を超えて軸長が長いのは、所要の伝動トルクを得るためと推察します。シリコングリスと思しき信越化学の瓶が、おまけのヒントとお見受けしました。
3. Posted by G   2017年12月30日 20:12
モーターの出力軸に何やら付いているものですね。
入出力軸が同軸ではないので減速機と思いましたが、「モータは止まらない」ということであればトルクリミッタ内蔵型でしょうか?
長期メンテナンスフリーを目標にするなら、メカニカルにスリップするものではなくて、永久磁石式カップリングのような変わった製品もあります。

尺取虫は、「ケーブルベア」とか「ケーブルキャリア」が一般名称だと思いますが、私の周りでは製品名で「エナジーチェーン」と呼ぶ場合も多いです。
4. Posted by H.S.   2018年01月04日 13:44
ケーブルベア は 椿本チエイン (チェーンではない)の商品名です。

ウォームで逆転する(してしまう)ものは、
ワイパーモータユニット(特に大型車24V系)
などもあり、(安価な)このユニットを利用して台形ねじとを組みあわせてのベッドの傾き調整の駆動部もじわじわとわからない程度に逆転します。
ちなみに、ワイパーモータユニットの出来は比べた範囲では、BOSCHがよかったです。
5. Posted by dda40x   2018年01月05日 16:07
御教示感謝します。
そのボッシュのモータを手に入れて、381mm鉄道の駆動用にしました。押して動くので具合が良いです。24V用ですが48V掛けても平気なように作ってあるのだそうです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ