2017年09月22日

またまた Abo Canyon

Southern Transcon Abo Canyon についてもう少し書きたい。Trains という雑誌に何か書いてあったことを思い出し、探した。表紙に出ていたのですぐ見つかった。2007年の4月号だ。

 Santa Fe鉄道の大陸横断線は1888年に開通して(UP、CPの1869年に続く、二本目)いるが、それはRaton峠を越えるものであった。あまりにも急勾配で大量輸送には向かなかった。それで、1907年3月にClovis方面に抜ける新線を開通させたのである。緩勾配で鉄道の特性を生かせるものであった。現在は事実上複線化され(Vaughnの西の数マイルが工事中)、交通量は莫大である。北廻り線は40%ほどしか複線化されていない。

 Raton峠の線は、既に役目を終えているような気もする。歴史的に大切な峠であったが、もう昔の話だ。新しいトンネルは旧線の脇に掘ったので、動画をよく見ると塗り込めた旧トンネルがちらりと見える。旧線は1.5 mほど高いところを通っている。コロラド側からの画像では左側に見える。本当はそれを見に行きたかったのだ。

 Abo の発音であるが、エイボゥが現地音である。前にアクセントがある。但し、それはSF関係者の発音で、上記のTrains誌にもその発音が示してある。メキシカンの人たちはアーボと発音するが、圧倒的に少数である。
 先回扱ったRatonは、感心なことに日本語版Google Mapではラトゥーンになっている。

コメント一覧

1. Posted by Tavata   2017年09月22日 23:43
Raton passについて、日本語版WikipediaのDenver & Rio Grande Westernの項ではATSFが「レイトン峠」
を通るルート を採用したとなっていますね。英語の標準的読み方に従えば「レイトン」かもしれません。
表音的にはRatoonが納得いきます。

コメント、おくれてしまいましたが、
空母ミッドウェー、見に行きたいですね。
現代の空母よりベッドの上下クリアランスは大きいように思います。
(YouTubeでジョージ ワシントンの居住区が紹介されています。https://youtu.be/fueJWpo2VlQ)
ただしミッドウェーの場合は釣り床なので、万が一の場合は片付けを求められるかと。
工作機械は長いワークに対応した機材のようですね。
工作室の天井まわりの艤装も気になります(笑)
2. Posted by dda40x   2017年09月26日 16:59
その昔、「とれいん」誌発刊の頃、若い編集者たちは背伸びをしてアメリカのことを書いていました。 その中にレイトン峠、グリーミー・ブラックなどがありました。
前者は指摘してもなかなか直らなかったように思いますが、ある時突然直りました。マツケン氏がアメリカに行ったのだそうです。現地の音を聞いてたちまち直ったように思います。
後者は比較的早い段階で修正されたと思います。

思えば、初期のTMSにもとんでもない間違いがあり、伊藤剛氏が一言言うと直ったそうです。
それにしても、Wikipedia日本語版の内容は悲惨ですね。どれを見ても怪しいです。
例の「ロンビックイコライザー」はいまだにとんでもないことが書いてあります。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ