2017年09月02日

続 Abo Canyon

Abo Caynon 4 残念ながら、この区間を横から見ることはできない。事前に衛星写真で調べて行ったが、予想通り、どこにも入り口がない。BNSFは線路立ち入りには極めて厳しく対処している会社で、厳重にゲートで仕切られている。例の9/11の事件以降、鉄道に対するテロ防止の観点からの規制なので、下手に逆らうととんでもないことになりそうだ。

 唯一の接点は国道60号が直角に立体交差しているところで、そこからの眺望は限られているが、多少はある。
 車内から見るには、アムトラックが旅客列車を運行しているのでそれに乗る方法がある。あるいはBNSFに正面から取材を申し込む必要があるが、個人では無理だろう。放送会社などにコネクションがなければ、相手にしてくれそうもない。

Abo Canyon 5 アメリカの鉄道ファンの間では、カホン峠、パウダ・リヴァ、アボ・キャニヨンが三大聖地となっているそうだ。これは通過トン数による数字だろう。

 相対的には、行きにくい場所である。サンタフェの街に投宿し、車で2時間かかる。ベレンの街からでも1時間かかる。


コメント一覧

1. Posted by たづ   2017年09月02日 17:13
2001年は、他にも5月にCSX8888号事故があったりと散々な年でした。
貨物主体の今のアメリカ鉄道でテロ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ニュースをまとめるとBNSFの厳重な警戒もうなずけます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ