2017年02月13日

Western Pacific鉄道の貨車

WP boxcar これはウェスタン・パシフィックの貨車である。当鉄道にはWPの貨車は比較的多い。どれも羽根のマークが付いている。走っている谷がFeather Riverであるから、それを売りにしているが、「羽根のような乗り心地」というのは誇大広告であろう。差はないはずだ。
 DF; damage freeを売り物にしている。この貨車には熱絶縁がしてあり、冷たいビールなどをぎっしり入れると3日程は冷たいそうだ。積荷が崩れないように、荷室内部にbulkhead 隔壁を取り付けられる。そうすればハンプで突放しても被害がないという。
 この貨車はアサンではない。旧アトラスの色なしのプラスティック・キットから作った。すべての部品を外し、今様の作りにした。かなりの手間を掛けている。元のキットのダメなところはすべて更新した。床下と屋根を作り替え、側面、妻も手を加えている。一度に複数を仕上げた。WPのデカルは各種持っていたが、この際すべて使ってしまった。もうWPを作ることはないだろう。

 こういう仕事はレイアウトの工事で疲れたときに、帰宅前の1時間をそれに振り向けている。この作業をしながら、レイアウトの工事を反省し、次の日の予定を立てる。 

 転車台の設計を少し変更した。より確実なインデックスができるようになる。時間を掛ければいくつか思いつくことがある。焦らずやりたい。 

追記
 奇しくも、この沿線であるOroville のダム が決壊の危機にあるというニュースが入っている。もし決壊すればこの鉄道は流されてしまうであろう位置にある。

コメント一覧

1. Posted by northerns484   2017年02月22日 01:57
Orovilleダムの建設の様子を記録したビデオがあることを教えてもらいました。途中、鉄道で物資を運んだ様子が出てきます。
https://www.youtube.com/watch?v=p_5udzKfLQM
最後に、第40代大統領だったレーガンが出てきますが、これはカリフォルニアの知事時代なので、若々しいです。
2. Posted by dda40x   2017年02月22日 07:23
興味深い動画ですね。列車で土砂を運ぶ時に、すでにロータリィ・カプラが使われていたのは大したものです。レーガンの英語がはっきりした言葉で、今の大統領とはかなり違いますね。
その関連動画を見ていると、 ダムの建設で古い路線が廃止になった廃墟トンネルを見るものがあります。ボートから見ています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ