2017年01月22日

ガセットを作る

 ガセットをどのように作るかは、いくつかの案があった。リヴェットをどのように作るかが問題である。エッチングや特殊なデカルによる方法も考慮したが、いまひとつ写実感がない。 
 やはり、押出し工具でやることになったのだが、通常の方法では大変である。ブラス板に卦書いて、その交点を打たねばならない。罫書きの手間を想像するだけでも気が滅入る。
 
rivet forming (4)rivet forming (3) 手持ちのリヴェット打ち機に針が下から出るタイプのものがある。こういう時には便利だということで、各サイズのオスメス型を買ってあった。
  作図をお願いしたnortherns484氏に無理を言って、ガセットを原寸大で印刷してもらった。リヴェットの座標を正確に押さえるため、メス型ダイの直径と同じの2.6mm径で描いてもらった。

rivet forming (5)rivet forming (6)rivet forming (7) 薄いブラス板に両面テープで図面を貼り付け、雌型を丸の上に載せて、コンとハンマを落とす。次から次へとこの作業をこなしていくと、1枚できあがりだ。
 紙をめくってみると、そこそこにうまくできている。

rivet forming (8) 金床の上でゴムハンマでむらなく叩いて、反りをとる。鉄橋に接着剤で貼り付けてできあがりだ。 叩くと、裾野の盛り上がりが治まって、リヴェットの形が良くなる。


追記
 3枚目の写真をよく見て戴くと、〇がポンチと少しずれている。このずれが目でみて容易にわかるというのがこの方法の工夫点である。正しい位置にあると、前後左右に白いところが見えないのだ。コメントを戴いて、それを書き忘れたことに気付いた。
 金属板上の罫書きとは異なり、印刷された交点の面積はかなり大きく、思うようには座標は決まらない。
 

コメント一覧

1. Posted by YUNO   2017年01月22日 06:34
3Dプリンターはどうでしょう。
リベット頭部の半球がきちんと表現できるかどうかは研究の必要がありそうですが、位置や配列はコンピューターで作図した通りに正確に再現できると思います。
2. Posted by ゆうえん・こうじ   2017年01月23日 09:07
打ち出し機の雄雌型の上下を逆にされた理由はなぜでしょうか?
上雄型でも紙に印刷したものを真鍮板に貼って、その交点に打っていけば、問題ないようにおもうのですが、不具合があるのでしょうか?

3. Posted by dda40x   2017年01月23日 10:08
YUNO様
実はそれも試しましたが、高解像度のものは極めて高価です。
言うは易く、行うは難しです。橋ごときにそんなお金はかけられません。

ゆうえん様
比較実験をするとよくわかるのですが、紙の上の交点は意外に面積が広く、どこが中心なのかは、わからないものです。
ところが、雌型を上にすると、〇の中にポンチが入った瞬間に座標が決まります。隙間がゼロになると縦横に白い隙間が見えなくなるのです。
3枚目の写真はそれを見せるためのものですが、説明を忘れました。
雄型を上にすると、金属板に正確な罫書きをする必要があり、それは勘弁してほしいのです。
4. Posted by 愛電太郎   2017年01月24日 15:39
3Dプラ材のリベットでは金属材ほどの耐久力があると思えません。いずれ崩れて行きます。
この部品を最高の資材、知力等を投入して作るほどのものではないでしょう。レイアウトの中のストラクチャーに全力投入するのも大変と思いますね。
立派な機械を持ったところがあれば、そこに頼むべきと思います。餅は餅屋ですよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ