2016年06月08日

plate girder bridge

 シカゴから届いたダイキャスト製の橋を架けるにあたって、その内側をどうすべきか、しばらく考えていた。 間隔を保てばよいので、木の角棒を作って接着するのが一番簡単だ。
 下から見ることなどないと思っていたが、最近は車載カメラという面倒なものがあって、全て見えてしまう。手を抜くと後々まで後悔することになるので、ある程度のところまでは作ることにした。レーザ・カットなら設計さえ気を付ければ、組むのも簡単である。 精度も高い。

girder bridge bracing 実物の図面を何日か眺めて、 作図を開始した。この手の物は非常に単純で30分で設計が終了した。Xブレイスにタブを付けて側面のスロットに入れる。簡単な直角ジグで支えながらハンダ付けすれば、たちまち形が出来る。
 それに上下の稲妻を付ければ良い。問題はこの稲妻の位相だ。同位相なのか、半周期ずらしたほうが良いのかがわからない。近所のものを調査中である。アメリカでの調査では逆位相であった。理論的にはどちらが有利なのだろう。

 このようにして作った箱状のトラスに、側面のダイキャストを接着すればできあがりだ。 稲妻は、透けて見えれば用は足りている。細かい造作は省略する。

 ガーダの上をどうするか、しばらく悩むことになる。直接線路を敷くのか、コンクリートの路盤を載せるかである。後者の場合はバラストが敷いてある。これも資料が手に入ったので、 あれこれと迷う羽目になった。




 

コメント一覧

1. Posted by YUNO   2016年06月08日 06:42
地元周辺でガーダー橋と言えば高山本線を思い浮かべます。橋の真下を一般道路が通っている部分がいくつもあるので観察は容易でしょう。

ブレイスの位相がどうなっているか、実物を観察した経験はありませんが、すべての部材が一体の物として考えた時、荷重の向きを考えるとどちらでも同じ強度になるように思います。
差が出るとすれば、リベット穴の位置関係でしょうか。穴はできるだけ分散させた方が強度が保たれるはずで、位相は逆の方が好ましいということになります。

コンクリートの路盤を乗せるかどうかは時代考証によって変わると思いますが、SLの全盛期であればコンクリートなしの方が多かったのではないでしょうか。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ