2015年10月30日

線路を敷く

 すべてのエラストマ道床を敷き終えたので、線路を敷き始めた。勾配線はスティール・レイルである。足らなくなったのでどうしようかと思っていたら、S氏から3本戴いた。それだけでもありがたかったのに、N氏がかなりの量の在庫を融通してくれた。持つべきものは友人である。
 Atlasのflex trackのレイルを引き抜いて、そこに差し込んだ。無用となった洋白のレイルは、N氏の元へと戻る。一般家庭では鉄レイルは維持が大変かもしれない。
 このスティール・レイルはHouse of Duddyの製品で、底面がやや細い。だからこそ、差替えができるのである。これが同じ太さではとても差し込めない。
 
vertical curve 縦曲線を撮ったつもりだが、ややわかりにくい。この写真中、矢印のところで平坦線から約15.6 ‰の勾配になっている。左の奥のほうに貨車が見えるが、その勾配上の釘で止めてある。この程度の傾きである。この写真は望遠レンズで撮ったので縦曲線がほとんど見えず、かくんと曲がっているように見える。実際はなかなかの優美な曲線で曲がっているのだ。

quadruple track 複々線部分はまだ工事中で、完全に線路が固着されていないが、様子はお分かり戴けるだろう。



turntable and spurs ターンテイブルの枝線に、DCとDCCの線路を載せて、様子を見た。仮に置いただけだが、枕木の色が異なるので識別できるだろうと思う。 

コメント一覧

1. Posted by 一式陸攻   2015年10月30日 13:46
最後の写真の奥の棚に多くの建物のようなものが見えますがこれはこのレイアウトで使われるものなのでしょうか
2. Posted by dda40x   2015年10月30日 20:41
土屋氏が作られたもので、レイアウト上に配置されますが、まだ細かいことは決まっていません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ