2015年03月23日

図書の整理

sorting magazines 最近、クラブの会員がお手伝いに来て戴く頻度が増えてきた。土屋氏のところから、夏の間に運び出した書籍等が倉庫に山になっていたのだが、それを片付ける作業を手伝って戴いた。1トン以上ある。
 まず最初に雑誌の種類を分け、さらに年度別に並べる。さらにそれらを月の順に並べて棚に入れる。書くと簡単であるが、実際の作業はとても大変だ。山になっている雑誌をばらすだけでも、どうかなりそうなほどの作業量だ。

 今回は6人来て戴いて、朝10時から、3時までの作業であった。ようやく、TMS、ピクトリアル、鉄道ファン、とれいん、が並べられた。ほとんど全部揃っている。完全に整理が終われば、全て揃うとみている。というのは、雑誌類は土屋巌氏、伊藤 剛氏、吉岡精一氏 のところから集まったので、重複分もかなりあり、不足は無いはずである。特に、伊藤氏や吉岡氏からは昭和10年代からの雑誌がたくさん来ている。これらは触ると壊れてしまうほど劣化しているので、開架はせず、ウェブ 上での公開となる予定だ。

library 雑誌書架が明らかに不足している。最近の雑誌は重いので、下手に棚に載せると棚自体が壊れてしまう恐れがある。スティール製の頑丈なものを用意するつもりである。

 レイアウトの詳細な設計をして戴いたnortherns484氏も、遠いところから駆け付けて測量をしてくれた。大体、設計図通りに出来ていたので安堵した。 レイアウトのように大きな物は物差しやノギスを当てて寸法を測るわけにはいかない。原点を決めて、そこからの測量をする。レーザ測距計は大活躍だ。これがなければ、とてもあの時間内には終わらなかった。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ