2014年11月03日

続 平岡氏の講演から学ぶこと

 趣味を楽しむことができるような職業選択をする必要があるとおっしゃった。日本の企業人は世界的に見て働き過ぎで、たまの休日は寝ているだけという話も聞く。
 
 自由業の人は仕事量を制限すれば、余暇を増やせる。生活に必要な費用と趣味に掛ける費用さえ稼ぎ出せれば良いはずだが、なかなか現実には難しそうだ。

 筆者のアメリカの友人で、模型を嗜む人は、たいてい自由業である。勤め人であっても自由業に近い人が多い。また、自営の人も多い。軍人も多いが、軍務は連続して数日あって、そのあと数日の休みというパターンが多いようだ。

 大切なのはモティヴェイションを連続して維持することだろう。自分の力量を正確に把握している人は、無茶なことはしない。むやみに細かいものを設計してしまい挫折することもない。
 腕が上がってくると、すごいものを作り始める。Dennisが非常に良い例である。初めは荒っぽかったが、徐々に精緻なものを作り始め、今は達人の領域にある。

 平岡氏の講演では、趣味Hobbyの定義の話があった。
 引用させて戴くと、「生活のための仕事とは別の価値を創造する行為であり、人生における大きな課題とされている。」だそうだ。
 抽象的ではあるが、その通りだと思う。

 筆者が博物館建設で毎日重労働をしているのを見て、知人が「よくやるね。」と冷やかす。筆者自身にとって極めて大きな価値のあることで、それが日本の模型界のためになればと思ってやっている。決してつらい作業ではなく、日々楽しく過ごしている。しかし、自宅のレイアウトには埃が積り、工作台は物置になっている。いずれこちらも整理ができる日が来るので、楽しみにしている。

 しばらく、アメリカの話題から離れていたので、次回からそちらの方に戻ろう。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by northerns484   2014年11月22日 09:09
出所を忘れたのですが、「米国や外資系の会社の採用のインタビューで趣味の質問をされるのは、ただ単に余暇をどう過ごすかを聞いているのではない。本業以外で自分を確立している世界を持っているかどうか、それが第三者も認めるようなものであるかを聞いているのである。極端なことを言えば、本業で失業した場合に、自分が食っていけるだけの何かを持っているかどうか、ということである。そこで採用する側を納得させられるものを持っている人は、採用される確率が高まる」という趣旨のことを聞いたことがあります。キャリア開発コンサルタントの言葉だったかと思います。

私はこの言葉を聞いて以来、自分の趣味を聞かれて躊躇するようになったのですが、というのは横に置いておいて、平岡さんの趣味の定義は哲学的な言い方をされているものの、上記の言葉に通じることを語っていらっしゃるのでは、と思いました。
2. Posted by dda40x   2014年11月26日 22:55
本業以外で食っていけるものがあると思われると、クビにしやすいと思われそうですね。
私の趣味は、職場では誰もが知っていたので、いろいろな情報を教えてくれました。かなり面倒なこともあるのですけどね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ