2014年10月03日

博物館工事進行状況 1

 多忙と左手の不調で休ませて戴いた。土屋氏の記事は訃報を受けた日に全て書いたので、都合1月ほど休みを戴いたことになる。この一月間のアクセス数は、過去最高を記録した。

 博物館の電気工事で圧着端子をたくさん締めたのだが、右でやるのも疲れてきて、左手で思い切り締めた途端に拇指に激痛が走った。腫れはしなかったが、あまりにも痛いので、そのまま冷やしながら帰った。
 10日経っても、痛くて使い物にならない。靴下を履く動作を思い浮かべて戴くと良く分かるが、拇指に力を入れて拡げることができない。また、雑巾を絞ることもできない。

 ちょうど締切の、本業の原稿をまとめているときに、スペース・バァを拇指で押した瞬間、「バキ」という音がして指が動き易くなった。そして痛みもどこかに飛んで行った。それは脱臼が直った音であった。
 Dr.Kに遠隔診断して戴くと、外れかけの「亜脱臼」状態だったそうで、関節固定をした方が良いとのことであった。歳をとると、こういうことが起こりうる。自分の力で自分自身を壊してしまうのだ。そのうちに筋力が低下して落ち着くであろう。

Model Railroad Museum さて、少々古くなった写真であるが、博物館の床を張り終え、棚の色を替えた。以前の品のない色ではなく、土屋氏から電話で指示を戴いたそのままの色である。
 マンセル値で指示をして戴いたので、調色して塗った。中は少し暗く、艶消しにするということであった。この写真撮影時にはムラがあるが、現在修正中である。
 床はほとんどがレイアウトの下敷きになるので、見えなくなる。市松模様だけが見える予定である。

 塗り始めて驚いたが、この組合わせは素晴らしい。どの訪問者にも、この塗装をお褒め戴く。Two-tone Greyであって、UPの機関車、客車に塗られていたのにも似ていないこともない。UPのはやや濃い。
 棚の外は艶があるが、中は艶消しである。その対比が素晴らしい。デザイナーの頭の中はどうなっているのであろう。電話でお伺いを立てると、すぐさま答が返ってきた。土屋氏の頭の中には完成した博物館が既にあったのだ。

Go Ito's workshop 伊藤剛氏の工作台を100%移設した。この写真は仮に置いた状態である。現在は90度ひねって固定した。
 工作台は創意工夫に満ち溢れている。それをご覧戴けるようにした。移転前に撮った写真をもとに、それを再現する予定である。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 一式陸攻   2014年10月03日 11:36
伊藤剛氏の工作台の設置というのは良いですね。
例えご本人がおられなくても視覚だけで分かるアイデアも多いのでしょう。

全く門外漢の感想ですが棚の色は間違いなく素晴らしい選定に見えます。
よくある事務用の棚や机の色とも違うのですね。
是非とも早く博物館を拝見したく存じます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ