2014年09月17日

デザイン

 日本を走るかなりの数の優等列車は、土屋氏のデザインだ。違う人の名前で発表されているのもあるようだが、それについては論じない。

 海外に同行したとき、デザインについて色々な話を聞いた。土屋氏の話をまとめると、「デザインは機能」であることに尽きる。

格好良く見せようと思うと、駄目になる。下手な工夫は陳腐化を早める。」

 土屋氏はここしばらくは鉄道のデザインから遠ざかっていらした。その間に、鉄道車輌デザインが、土屋氏の言う陳腐化を早めるものが多くなってきたように感じる。しかし、そのようなデザインを賞賛する人が居るのである。

 本当にデザインが分かっている人以外は、デザインの評価などできはしないはずだ。最近の鉄道雑誌をみると、不思議な現象がみられる。どれもこれも、その列車を褒めちぎっているのである。どれか一つくらい、「このデザインはおかしい」と書いても良いのだが、どこも書かない。
 要するに、褒めないと次の仕事をさせて貰えないのだろう。取材に行けなくなるのが怖くて、書けないのだろうと推測する。

 土屋氏はデザインの世界では超一流の専門家であった。彼のような人に取材して、はっきりと言って貰えば、全て解決することなのではないかと思う。専門家でない人がいくら褒めても、何の価値もないと思うのは筆者だけだろうか。

 土屋氏のデザイン論はとても面白い。
「車のデザインには1年しか持たないデザインと、2年持つデザイン、順に4年、8年持つデザインという具合になっている。」
「えっ、1年しか持たないデザインなんてあるのですか。」
「モーターショウに出てくる突飛な形の車があるだろう。あれなんて、次の年に見ると、もううんざりだね。」
「なるほど。しかしその次の2年というのは、車のデザインとしては短いと思うのですが。」
「いや普通の車は2年しか持たないように作られるのだよ。」
「それじゃあ、3年目には売れなくなりませんか。」
「だから、マイナーチェンジというのを施すんだ。それであと2年売って、もう駄目というところで次の型が出てくるんだ。」
なるほど、と合点が行った。すごい話だ。

話はさらに続いた。
「それでは、8年というのは何でしょう。」

コメント一覧

1. Posted by 一式陸攻   2014年09月17日 13:22
鉄道のデザインに限らず少なくとも我が国のTV、新聞、雑誌はなんらかの目立つ不祥事が無い限り肯定的な意見しか述べないように見えます。
怪しげな新技術、権威等々。
面白いのがインターネットの、特に匿名で無責任な発言ができる場所では逆に否定的な意見が多く見えます。

自動車のデザインの2年.4年というのはなんとなく体感していましたが8年というのは分からないです。
次回楽しみにしております。
2. Posted by YUNO   2014年09月18日 02:36
8年のサイクルで変化する自動車ですか、面白い問題ですね。
私の勝手な思い込みでは、バスやタクシーのような特定用途の車のデザインは変化が遅いように感じます。作っている方には失礼かもしれませんが。
3. Posted by YUNO   2014年09月18日 03:04
匿名で仕事をしている人に取材をして記事にしても、説得力が感じられないのではないでしょうか。
一部にしか知られていなかった人の意見だと、逆に批判される恐れがあります。成果が守秘義務で示せないのでは擁護も反論も難しいでしょう。
4. Posted by たづ   2014年09月18日 22:27
自動車やバイクでもホンダ・カブやフォルクスワーゲン・ビートル、ポルシェ911などは50年超の寿命を保つデザインですね。変わったのは、環境条件からエンジンなど動力系が手直しされたくらいで。
四半世紀前までは、鉄道は寿命を長くとるのが大前提になっていましたし(税法上の耐用年数の3、4倍は必須)、機能の上に立ったデザインが必要でしたから、自然と数十年持つデザインでした。
国鉄急行・近郊型のデザインも、東急8000系のデザインも、機能が先に立っての物ですので、原設計から40〜50年経た今も別段古すぎることはない。
しかし、「走ルンです」と言わんばかりのここ20年ほどの都市部の電車は、あれよあれよという間にチャチに、そして古臭くなります。
JR東海の313系やキハ25の写真を見ると、どことなく国鉄153系東海型の流れの上にあるように見えます。初ロットから15年経っていますが、新しくない代わり古くもない。
在来線単体だと輸送量が知れた会社ですから、陳腐化しないためにそういうデザインを選んでいるのかと思えます。
間にあるのが営団6000系のデザインで、あれは不思議と古くなりませんね。相当かぶいたデザインの筈ですが。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ