2014年05月11日

続 またまたスクラッチ・ビルディング談義

 スクラッチ・ビルド至上主義の方々は、自分たちの優秀性を人に認めさせたがるように感じる。優秀さの次元は一つではないので、こちらとしてはどうでも良いと思っているのではあるが、ある会合で露骨に嫌味を言われたことがある。

「ここにはスクラッチでないものを持って来られては困る。」

 ここまで来ると常軌を逸していると筆者は思うのだが、読者の皆さんはどうだろう。その方は最近お亡くなりになったそうだが、その会合には足が向かない。 

 日本のクラブによくある閉鎖的な雰囲気を感じる。自分たちはこうしているから、そうでないものは来るべきではない、という考え方だ。人間の能力の次元は極めて多いから、色々な人と出会わないと、人生を無駄にするように思う。排除しておいて、工具、パーツの外国から取寄せの依頼だけはよくあった。変な話だとは思ったが、断る理由もないのでどんどん引受けた。彼はその工具を随分自慢していたらしい。ロストワックス鋳物もいくつか取り寄せたが、それを使うことには何のためらいもないというのは、理解しがたい論理ではある。


 ゆうえん氏がキット改造の愉しみという一文を発表されている。その中に筆者も登場するが、まさにおっしゃる通りなのである。筆者は、随分以前に、”Scratch Building”という記事を発表した。3回の連載になっている。それを指していらっしゃるのだろう。

 これだけ各種の製品が発売されているご時世に、市販されているものを作ることはない、と思うのは間違っているのだろうか。完成品、キット、パーツを買う瞬間、我々は時間を買っているのである。
 もちろん不完全なところはある。しかしそれはすぐに直せる。スクラッチ・ビルドする能力があればこそ、なのだ。

 最近ポイントをいくつか作ったが、これもスクラッチ・ビルディングである。フログの鋳物を買えば早いが、機械があれば訳なくできるので、自作してしまった。これを持って行ったら、その会合に入れてくれるのだろうか。


コメント一覧

1. Posted by 若輩者   2014年05月11日 20:09
ブログを拝見すると、超絶スクラッチビルダーの祖父江さんや内野さんに心酔しているように感じます。
祖父江さんの工房にはわざわざ通ったみたいですね。
35丱侫襯好ラッチ作品に対するベタ褒めっぷりも凄かったですよ。
時間を買っていると豪語されるのなら、他者に対しても同じ立場で批評されたら筋が通っていると感じます。
そこら辺の曖昧な態度が批判に繋がっているのでは?
祖父江さんの愛弟子をブログで豪語するのなら、ブログで「これぞ祖父江さんの業だ」と読者が唸るような記事を出して欲しいです。
2. Posted by コン   2014年05月12日 00:22
 自分は現在ブログでスクラッチのことを書き綴っていますが、それはスクラッチ至上主義を謳うのが目的ではなく、まさにおっしゃるとおり、「スクラッチ出来る能力を培いましょう」というスタンスなのです。スクラッチすることで工作のポイントが見えて来るわけですが、dda40xさんのように工作の何たるかをわきまえていらっしゃる方に、あえてスクラッチを奨めるのはいかがなものかと思います。模型の楽しみ方は人それぞれですから・・・・。
3. Posted by D&;��gu��� sh���on��   2014年05月12日 00:29
鉄道模型クラブなどというのは,有史日本から残る悪しき伝統である閉鎖的ムラ社会を鉄道模型に持ち込んだに過ぎないのは最早自明ですね。しかし,その「閉鎖的な」人々が(特に16番以上のサイズでは)大半を占めているのも残念ながら間違いないですね。
貴殿の理念は極めて崇高なものと存じますが,それが異端と受け止められることも多いでしょう。欧米のスタイルがこの国の鉄道模型趣味に馴染むことはないと割り切って考え,名誉ある孤立を選ぶのもまた,趣味を楽しむ選択としてはアリではないでしょうか。

4. Posted by dda40x   2014年05月12日 05:36
若輩者さん
大きな勘違いをされています。もう少しよく読みましょう。
祖父江氏や内野氏はアマチュアではありません。35mmゲージの作者もプロです。
内野氏は隠していらっしゃいましたが、本当はプロでした。
プロのところで、時間を買うのはおかしなことではありません。
また、私は祖父江氏の弟子ではありません。顧客でしたが、さまざまなテクニックは教えて戴きました。
連絡先を明記されない(公開希望されないときはその旨お知らせ戴ければ、公開しません)投稿は、削除することがあります。
5. Posted by dda40x   2014年05月13日 05:16
D&;��gu��� sh���on��さん
崇高でもなく、ただ、最も合理的な方法であるからそれをしているのです。できればこの方法を広めたいと思っています。
コン様
模型の楽しみ方は人生そのものです。Way of Lifeですね。残る人生で何ができるか、それを模索しています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ