2013年11月18日

Wahsatch

Wasatch I-80 ワサッチの場所はここである。ユタ州に入ってすぐのところだ。 発音は文字通りである。にもかかわらず、昔、筆者が出版した本には編集者の無知でワサックとカタカナに置き換えてあった。ひどい話である。固有名詞はローマ字にしておくのが良いか、カタカナに置き換えるのが良いか迷った末、ローマ字にして裏目に出た。電話一本で解決した話なのに、それをしない出版社など存在価値がない。

Wasatch B  Ogdenを出発した列車は川沿いに登り、ここで一息つく。要するにオグデンから最初の給水場である。ワサッチ山脈の中にある珍しい平地であって、鉄道施設以外何もないところであった。側線と給水タンクだけである。周りには人家は全くない。

 Big Boyの試運転の時にも、貨車を引っ張ってオグデンからここまでの通し運転をしている。

Wasatch CWasatch DWasatch E

 足は意外に細い。地震のない国だから、自重と風くらいしか考えなくても良いのだろう。ポンプ小屋もなく、保温装置も見つからなかった。ドアを開けてもがらんどうであった。
 鉄骨は実に簡単に組んであるが、底が抜けないようにはなっている。一部は四角の穴があいていて、そこから出入りできるようになっている。組立時の逃げ道だろうか。最終的には熔接してしまったのであろう。

Wasatch A 30輌ほどの貨車が放置してあった。側線をこのように塞いでいても支障がないということは最近の機関車、貨車の信頼性は高いということだ。
 以前は、側線には故障した車輌を押し込めるようにいつもクリアにしていた。


Wasatch F ワサッチの東にはこのような丘陵地が広がっている。


 

 




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ