2013年08月14日

続々 Heber Creeper

Heber Creepers machine shop 2 Machine Shopの中を案内してもらった。大体8割以上進んでいると思えた。火室を組み立てればボイラはすぐ載せられる状態だ。軸箱は完全に新製して砲金のライナが鋳込まれている。それを研削していた。


 
Heber Creepers machine shopHeber Creepers machine shop 3 この機械は横フライスである。フルバックの刃物を使う巨大な機械で、フレイムの切削をする。ここではちょうど動輪の軸箱の加工をしていた。
 刃物は大きい。これで削る所を見たかった。赤く焼けた切り粉がびゅんびゅん飛ぶのだろう。以前別のところで見た時は、切削油を流しながらの作業だが、油の霧を吹きながら飛び出す切り粉が壮観だった。

Heber Creepers machine shop 4 動輪は新しい軸とタイヤとが嵌められ、保護用の木片が当ててある。スティーヴンソン式のヴァルブ・ギヤだ。保存されている0-6-0では比較的珍しい。
 この動輪もこの工場で作ったのだ。


Heber Creepers machine shop 5 この曲がった板はテンダーの側板である。3/8インチの板で、すぐ組み立てられるようになっている。テンダのフレイムは組み立て式で、底板が必要である。鋳鋼製なら不要である。



Heber Creepers machine shop 6 キャブは完成し、塗装のために外に置いてあった。完全な新製品である。





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ