2013年08月04日

Bingham Copper Mine

Kennecot Mine 久し振りにBingham 鉱山に行ってみようと思った。Salt Lake City中心から車で40分、約 50 km である。道端に剥がれかかった掲示が見えた。
”Visitor Center Closed" 要するに、見学できないというのだ。しかし剥がれかかっているのだから、誤表記だろうと気楽に考えてゲートまで行った。すると、また ”Visitor Center is Closed."と言う。
「今日が日曜日だからか?」と聞くと、「あと二年は駄目だろう。」と言う。「どうしてだ?」と聞いても、「会社の方針である。」としか言わなかった。

 近くの友人の家を訪ね、その話を持ち出した。なんと、巨大な地滑りが起きて、穴が埋まってしまったと言う。とんでもない話だ。インターネットで探してみるとその話はいくらでも書いてある。守衛がいくらごまかしても無駄だ。

Landslide in Bingham Mine この写真が一番はっきりしているので掲出する。積み上げたズリ(鉱石でない岩石)が崩れて、すり鉢状の壁を崩落させた。穴の深さの1/3位が埋まっている。これを掘り出して新たな捨て場を探し、操業開始するのに二年というのは決して大げさではない。
 昔のように鉄道でズリを運び出していたのとは違い、大型ダンプで仕事をしている。仕事が早くなったので、積み上げ方が変わったように感じている。

power shovel これは崩落直前の画像をグーグルアースで作成したものである。 これを見るといかに崩落した体積が大きいか分かる。一説によると、ニューヨークのセントラル・パークの総面積に19mの高さまで積み上げた体積だそうだ。

power shovel ダンプトラックや巨大なパワ・ショベルが何台も埋没している。仕事ができないので、とりあえず250人を馘首したらしい。地域に与える経済的なショックは大きい。
 


 動画もあるのでご興味のある方はご覧戴きたい。ソルトレーク市の州会議事堂を見降ろす山の上からの眺望が見られる。そこから市の中心部までの距離の地滑りだと言いたいのだ。もちろん落差は3倍以上である。 



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by northerns484   2013年08月07日 19:43
これはまたすごいことが。。。

300トンクラスの超大型ダンプを使っていると思うのですが、それがおもちゃのように見えるので、想像を絶する規模ですね。
http://www.kenkenkikki.jp/zukan/j_dump_h03.html

> ニューヨークのセントラル・パークの総面積に19mの高さまで積み上げた体積
こちらに4/25にCEOが行った記者会見があるのですが、ここでは、150 million tons of materialと言っています。
https://www.facebook.com/photo.php?v=485758361479642&set=vb.322129257842554&type=3&theater

もう一つ、ご紹介いただいたニュースのTV局の生の空撮映像がこちらにあります。地滑りの様子だけでなく、採掘現場の規模などもわかるので、一見の価値があるかと思います。
http://fox13now.com/2013/04/12/raw-video-kennecott-copper-mine-flyover/
2. Posted by dda40x   2013年08月08日 06:34
この地域に与える経済的な打撃は大きく、色々な意味で街全体にのしかかっています。
ここに就職することを考えていたことがあると以前書きましたが、もしそうだったならと考えると感慨深いものがあります。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ