2013年06月21日

最近の記事

 この二週間ほど、伊藤 剛氏に関する記事を書いて来た。剛氏は全国区での有名人ではあるが、実際に会ったり話を聞いた人は、もはや少ないであろうと推察する。かねてより、「私の書いたもの、しゃべったこと、全て公開して下さい。」ということを言われていたので、なるべく忠実にお伝えしている。

 この二週間のアクセス数が異常に増えている。この記事を偶然読まれた方が、他の方にお伝えになったのではないかと思う。どういうわけか、6月7日のアクセス数は、普段の2倍以上に達し、過去最高値を示した。こんなことは初めてである。

 少なくとも、現代においても伊藤剛氏の評価は大きいということである。その功績は、日本の鉄道模型界において輝きを失ってはいない。
 模型工作のあるべき姿を具現している。手工具だけでもかなりの精度が出る手法を公開し、年少者の目から見た工作法を伝授し続けている。
「昔は部品の通販があったのですよ。子供の科学の代理部とか朝日屋とかありましてね、ありがたかったですよ。そういう店がもうないのです。子供でも車輪と歯車を手に入れれば、あとは何とかなるのです。」
 その時代はモータは自作が前提であった。現在は主要部品すら入手が難しい。

 筆者は剛氏から、「車輪とか歯車を売る店をやりなさい。」と、20年前から勧められている。筆者の車輪とか歯車は仲間内では供給しているが、一般にはあまり知られていない。
素晴らしいメカニズムによって、たとえ貴方が世界的に有名な模型人になったとしても、その記事に書いてあるものがどこにも売っていないものならば、それは価値がないのです。直接でも間接でも良いから、売ることを考えないと、あなたのアイデアは無用の長物として忘れ去られてしまいますよ。」
 歯車に関しては、祖父江氏の工房で約1000輌の機関車が加工されて世界中に出て行った。そういう意味では、剛氏の教えは守られている。しかし、祖父江氏の死後は誰かがやらなければならない。アメリカでもその話をよく聞かされた。
 そろそろその時期が来たような気もするが、まだ仕事が忙しく、思うようには行かない。


 先回JAMの話を出したが、JAMでは鉄道模型功労者を毎年表彰しているはずだ。伊藤剛氏は十分にその資格があるように思う。JAMがどのような組織なのか、筆者には分からないが、関係者の方がいらしたら、是非この話を運営会議で発言して戴きたいと、切に思う。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鹿ヶ谷   2013年06月21日 16:58
以前、コン様へのコメントでも書きましたが、有志でネットショップを立ち上げるしかないでしょうね。
オーストラリアでのライブの事情も似たようなものです。趣味で始めた人がやってる通販ショップがいくつかありますが、最近廃業が続いています。
私は圧力計くらいしか買わないのでそんなにも問題はありませんが。それにいざとなればUKから買えるので。

リタイアしたら個人のネット通販をしようかとも思いますが、特殊過ぎてお客がいないかな。
Gゲージ用レジン、ホワイトメタル部品とか、マイコン応用の制御基板とか。友人にCNCレーザーカッター持ってるやつがいるので、ある程度数がまとまればスチロール車両キットとか。
2. Posted by コン   2013年06月21日 21:42
全く同感です。自分も本職があるので手広くは出来ませんが、「工作する人、工作したい人」に役に立つような材料や工具を(模型店に代わって」頒布する事を心がけています。採算無視、赤字覚悟ででもすべき事だと思って居ます。
3. Posted by 一式陸攻   2013年06月22日 14:08
私は大した工作はしたことありませんが、材料やパーツの入手には手を焼きます。
インターネットの進歩により海外からも比較的簡単に通販を行なうことが出来るようになりましたが、まだ不足のように感じます。
そして「年少者の視点」も、まだまだ必要に感じます。
Nゲージのみの普及は目覚しいものがありますが、他ゲージはそれに比べると閉鎖的であり権威主義であります。

関係はありませんが(既に古い話題ですが)、大手の16番の普及型機関車に2条ウォーム&コアレスモータが使用されていたり、新規参入のメーカーのHOスケールの0系新幹線のユニヴァーサルジョイントが正しい状態で使用されていたり、と少しずつではありますが走行性能の見直し、発展がされているように思います。

パーツが入手できないことを、かつて模型を嗜んでいた祖父(昭和17年生)に話したところ、以前は普通に販売していたと言っていました。
詳細は失念してしまいましたが、三線式Oゲージや蒸気エンジンのパーツを使用してライブを作っていたようです。
5. Posted by DS   2013年06月23日 02:14
模型のパーツだけちょこちょこ買われても、売り上げの足しにもならん。そもそも断片的な在庫を抱えておくのも面倒だ。お前達は提示されたセット品を黙って購入しておけば良いのだ。

鉄道模型会社がこのように思っている雰囲気が、ありありと伝わってくる感じが閉塞感を生んでる部分が多分にあるように思います。
規格をしっかり決めて、定番品(企業も客もパーツを流用しやすい)として車輪やギヤなどのパーツを供給してくれる状況が大々的にあれば、参加しやすいと思います。
でも、多くの企業から見ると、有り難くない参加者なのでしょうね。

努力の方向が建設的でないというか、後ろ向きというか。
6. Posted by dda40x   2013年07月03日 21:27
仰る通りです。
部品も工具も、頒布するものはほとんど原価奉仕です。儲ける必要がないので良いのですが、業者の方から見ると商売の邪魔でしょうね。
しかしそのような商品を売っていないのですから、正々堂々とやりたいと思っています。
7. Posted by dda40x   2013年07月03日 21:35
>他ゲージはそれに比べると閉鎖的であり権威主義であります。
それは私も感じます。Oゲージはかなり開放的ですが、〇△ゲージなどは、「お前なんかには出来ないぞ。」と言わんばかりの方もいらっしゃいますからね。姿型指向の方が多いゲージはそんな風に感じます。

>大手の16番の普及型機関車に2条ウォーム&コアレスモータが使用されていたり、新規参入のメーカーのHOスケールの0系新幹線のユニヴァーサルジョイントが正しい状態で使用されていたり
良いことです。このブログで知見を得た方が、製造業者やお客さんの中にいれば、必然的にレヴェルは向上するでしょうね。それがこのブログの狙いでもあるのです。
8. Posted by dda40x   2013年07月03日 21:39
25年ほど前の話です。業界大手の某模型店で、倉庫に在ったジャンク品を店の片隅に置いて売っていました。友人から連絡があり、いくつか買いました。
再度出向いたら、きれいさっぱりありませんでした。売れたのかと思ったら、社長が、「うちは完成品を売る店だ。あんなクズを置いておくと店の価値が下がる。」と言って捨てさせたのだそうです。
その件以降、その模型店には足を運んだことはありません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ