2013年06月11日

サンビーム號

8mm train 伊藤剛氏の著名な作品ではあるが、現物どころか写真を見たことがある人も少ない。それがこの8mmゲージ列車である。モータ、車輪全て自作である。この造形は剛氏の二十歳前後の作品である。
 就職して、下宿生活を始めたので工作もままならぬ、とこれを作り始めたのだそうだ。というと御自宅ではどんな工作をしていらしたかが、知りたい。

8mm train (3)8mm train (2) この図面は御覧になった方も多いだろう。さらさらと描いてあるが、プロのテクニックである。こんな上手な図面はそう簡単には描けない。
 2軸台車の動きを単軸台車の操舵に利用している。筆者は中学生の時にこの方法に夢中になった。色々な実験をしている。

8mm train (10) 8mm train (9)この列車の裏側の写真は、おそらく本邦初公開のはずである。この模型は70年前に作られ、そして今も走る。中央三線式であることが分かる。レイルの中央に細い銅線が張ってあり、スプーン状のコレクタで集電する。
モータの鉄心はトタン板を使ったそうだ。軟鋼鈑ではあるが、ヒステリシスが大きく、損失が無視できない。しかしよく走る。

8mm train (6)8mm train (5)8mm train (7)8mm train (8) TMSの特集号にも掲載されている。図解が詳しく、しかも明解な絵で、年少者の理解を助けている。
 誰にも描ける絵ではない。筆者も少し練習してみたが難しい。今回も描き方の手ほどきをして戴いたが、一言で言えば、円と直線の接し方がコツなのである。レイルに車輪が載っているのを、斜め前から見た図を描くコツがつかめれば良いということである。お試しを。

コメント一覧

1. Posted by まーくん   2013年06月11日 21:58
記事、写真ありがとうございます。
TMS特集号は古本で買って、一度実物を拝見したかった。残念、と思っていましたが現存するとは驚きです。

2. Posted by 一式陸攻   2013年06月12日 02:48
今でも走るというところが単純ながらも一番衝撃を受けました
拙作なぞ20年後も動くのだろうか・・・というようなものばかりなので先ず目指したい境地です

非常に初歩的な質問ではありますがこの単軸台車は二軸台車と連動しているとのことですが直線から曲線に入った一瞬は単軸台車は直線上で曲線側に振れるのでしょうか
今まで回転する単軸台車を触ったことがないのでいまひとつ想像つきません
3. Posted by dda40x   2013年06月12日 06:28
8mm列車につきまして、多数の方から「よくぞ紹介してくれた」と連絡を戴いています。
オリジナル塗装のままで、性能も確保されているのは素晴らしいことです。
直巻モータなので経年変化がないのでしょうね。
台車の動きは御指摘の通りです。記事にもありますように「デタラメな珍案ではありますが、短いSカーブでない限り大丈夫走ります。」とのことです。
4. Posted by 鹿ヶ谷   2013年06月12日 21:03
一軸台車の操向装置はGゲージの片ボギーガソをR600を無理やり通すために採用したことがあります。URL参照。非常によく機能しますよ。
剛さんの記事の載ったTMS特集号を持っていたのですがオーストラリアに来るときTMS全て処分してしまいました。今は後悔しています。
ガソの操向装置を考えたときは剛さんの記事のことは完全に忘れてました。名古屋で実物を拝見した時に思い出しましたけど。
5. Posted by 一式陸攻   2013年06月13日 00:37
鹿ヶ谷様
わかりやすい資料を有難うございます。
操舵に対する理解がより得られたように思います

関連はないですがエガーバーンのナローモデルの二軸車両は急カーブ対応のために一軸ごとに回転する構造になっていたと記憶しております
6. Posted by dda40x   2013年06月13日 08:27
素晴らしい記事です。実は私が中学生の時に作ったのも、片ボギィでした。急曲線を通すので、どうしても操舵する必要があったのです。
プラスティックを多用されていますね。私が作ると全金属製になってしまいます。ブラス製にこだわる訳ではないのですが、作るのが楽ですし壊れにくいからですね。
7. Posted by 鹿ヶ谷   2013年06月13日 11:52
私がスチロールを使ってるのは、コストと作りやすさがもともとの理由です。1800X900の定尺物のスチロール板は安いです。
それと作ってるものがでかい(1/19 scale)ので、スチロールは軽いのもいいですね。よく運転会に持ち歩くので真鍮製にしたら重すぎると思う。それから木造車のスジ彫りも簡単に出来ますし。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ