2013年05月28日

Optical Center Punch

Optical center punch この工具を手に入れてから、かれこれ20年ほどになる。使うたびに便利なものだと感心し、発明者に感謝する。
 所属クラブの工具頒布で希望者があったので何回も購入し、都合20個ほど持ち帰った。国内小売価格はかなり高い。

 初めて見る人が多く、最初は皆おっかなびっくりだったようだ。黒い台座の裏にはコルクが張られていて、滑り止めになっている。透明な軸を真上から見るとこうなっている。

Optical center punch2 ケガキ線の交点に黒い点を合わせて、そっと引き抜く。台座を動かさないようにして、ポンチを差し込み、軽く一撃する。
 すると目的の位置にポンチ・マークが出来る。誰がやっても外れることがない。


Optical center punch3 再度、透明軸を差し込んで覗くとこうなっている。作例ではケガキ線が太過ぎて、ありがたみが分かりにくいが、狙ったところにポンチ・マークが確実に打てる。
 若いうちは良いが、だんだん歳を取るとむずかしくなる。これを使えば百発百中である。日本人は「腕」に頼りがちであるが、彼らは「腕」より、「誰でも出来る方法」を尊ぶ。

 ポンチの先端はドリルの先端の角度と同じ118°である。これがこの工具の最大の秘密で、ポンチ・マークからドリルが外れない。普通のポンチの先端はやや尖っている場合が多い。それではドリルが踊って逃げる可能性がある。

 細い帯材とか角材に穴を開ける為には、正確なポンチが必要である。これがあれば必ず成功する。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鹿ヶ谷   2013年05月28日 13:59
西洋人と日本人の道具に対する考え方の違いは面白いですね。日本では道具は単純にし、汎用性を持たせ、腕で補う。箸なんか典型的ですね。西洋の場合は用途に特化した道具を作り、だれでも使えるようにする。その代わり道具の種類がやたらに増えてしまう。
江戸時代の文明は、ひたすら資源の使用量を最小化するために、人的資源は無制限に使うみたいなところがありますね。西洋文明は反対で人的資源の使用量を最小化するために、天然資源は無制限に使う。全く逆のパラダイムです。まあ、道具なんかもこの違いから来てるんだと思います。
和工具はほんとに使うのも手入れも大変です。和カンナなんか、素人にまともに使えるものではありません。まともに使えなくても、和カンナ好きなんですけどね。
まあ、我々の場合、道具の達人になるのが目的ではないので、西洋的行き方をとるべきでしょう。
2. Posted by ゆうえん・こうじ   2013年05月29日 09:13
鹿ヶ谷さんのご考察には全く同意です。

私もdda40xさんのお世話で一年前から使っています。

ところでこのポンチはすごいです。特に効果があるのは、細い帯板のセンターに孔開けするときと、サイドロッドのロッドピン孔開けをするときですね。
私が普通のセンターポンチで打つと どんなにがんばっても1/10mm程度の誤差が出てしまいます。サイドロッドの孔開けはこれまでクロステーブルの送りで開けていました。ところがこのポンチを使うと、1-2/100mmの誤差で孔をあけることが出来ました。
やはり、真上から拡大鏡で直視してセンターを合わせているのと、ポンチの先端がドリルがずれない角度になっているからだと思います。

本当にスグレものの工具だと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ