2013年05月12日

続々々々々 Monticello 鉄道博物館

N&W cabooseN&W caboose 2N&W caboose 3 N&Wのスティール・カブースである。現物を見るのは初めてで、参考になった。

 Y6bを持っているのでいつか作らなければならないからだ。比較的作りやすい形をしている。

ICIC2 外に出るとIllinois Central の客車があった。窓が少ないから郵便車かもしれない。
 よくわからぬが、旅客を乗せる車輌ではなさそうだ。


IC3IC4IC5IC6




 Observation(展望車)である。比較的新しい設計で、デッキの手摺がフラット・バァで出来ている。だから繊細な感じを与える。客車であるから、連結器の上に大きなStriker Plate がある。いわゆる緩衝器であって、連結器の遊間を、これで詰める。実際の走行時にはグリスをたっぷり塗る。デッキ側につなぐことは比較的少ないが、podunk sleeperの時には必要なのであろう。 


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ