2013年04月28日

"Model railroading is not a hobby."

113_8074 ハーマンの工作室にはこのような文が掲示してある。
"Model railroading is not a hobby, it's way of life." 「鉄道模型は趣味ではない。それは人生のありかた(行動の指針)である。」


 この文はおそらく、Ullmanの詩の一部 
”Youth is not a time of life, it is a state of mind.” をもじったものである。このアルマンの詩は日本では有名であるが、アメリカではそれほど知られていなかった。戦後の日本を統治したダグラス・マッカーサの執務室の壁に張ってあったのだそうだ。彼の座右の銘であって、彼の演説の中に何回も引用されている。
「青春とは人生の中のある一期間のことではなく、ある種の心理状態である。」
この詩の全文は検索すれば、いくらでも出てくる。のちにアメリカの政治家がよく引用するようになって、現在ではアメリカでも有名な詩となった。

 この一節は、形を変えて引用される。
"Christianity is not a religion, it's a way of life." 「キリスト教的な精神とは宗教ではなく、人生における指針である。」 この文はアメリカの有名な宗教家の言葉である。これを覚えていたので、色々な場面で役に立つことがあった。

 アメリカはキリスト教の国であると言ってよいので、我々のような異教徒は暮らしにくい。さまざまなパーティの場でも、やはり宗教にもとづく観念の差というものを感じる。
 二年前にテキサスに行ったときにも、教会に連れて行かれて紹介された。筆者はこのようなチャンスには、必ず参加することにしている。色々な出会いがあってプラスになることが多いからである。しかし、そこで聞かれたことは唖然とすることであった。
「日本にはキリスト教がそんなにも浸透しているのか?この間のニュースで、津波で流された金庫が何千個も見つかって、中味の現金が入ったまま持ち主に返されたと報道されただろう。キリスト教徒でなければそういうことはするはずはないからな。」と言うのである。
 なんという傲慢さ!
 
 彼らは、「キリスト教徒は正直で、それ以外の連中はウソつきである。」と決めつけているのだ。指名されてスピーチをすることになった。日本人とはどういう人たちなのかを説明したのだが、彼らの頭からは前記の思い込みが取れない。
 そこで最後に、"Christianity is not a religion, it's a way of life. To be a Japanese, it's the same way of life as yours." と言ってやった。「キリスト教的な精神とは宗教ではなく、人生における指針である。同様に、日本人であるということは、あなたたちと同じ人生の指針を持っているということである。」
 すると、彼らの表情が大きく変化し、全員が立ち上がって拍手した。  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by skt   2013年04月28日 08:28
>すると、彼らの表情が大きく変化し、全員が立ち上がって拍手した。  

なんだかんだといっても、そういうところはすごいな、と思います。実際に欧米人の社会を知りませんのでよけいにそう感じますね

>「鉄道模型は趣味ではない。それは人生のありかた(行動の指針)である。」

オリジナルの言葉や応用の例を含め、面白い言葉だな、と思いました。
実はわたしも若い頃そんな風に思っていたこともありました。が、最近はなんとなくそんなに肩肘張ったものでもなさそうだぞ、と言う感じで模型を楽しむ様になった気がします。
もともといい加減ですし、不注意でトラブルや失敗が多い人生ですが、それを鉄道模型趣味のせいにするわけにもいきませんので(苦笑)
2. Posted by JORC佐野   2013年05月01日 20:20
宗教の扱いは言葉が十分伝わる環境にあっても難しそうですね。しかし、この場面での対応、見事としか言いようがありません。一歩間違えるととんでもないことになりかねないと思うからです。イスラムの世界でも彼岸と此岸の概念があるようですが、人間根っこがそんなに違うとは思えません、たまたま生まれ育った気候風土や地理的条件が違うことで帰依している宗教ブランドが違うだけです。何とかそれらを乗り越える行動をささやかでもできたら素晴らしいですね。
3. Posted by 鈴木やす   2013年05月03日 20:05
こんばんは。鉄道ファンの端くれです。教会でのスピーチですが、「日本にはキリスト教がそんなにも浸透しているのか」というアメリカ人の思いを補強してしまった、ということはないでしょうか?あの人たちの能天気さは、侮れないかと。
書物等で知る限り、ですが。

いずれにしても、"鉄"道を冗談半分に言ったりするファンは日本にもいますが、アメリカにもいるんですね。興味深かったです。

4. Posted by dda40x   2013年05月06日 08:27
皆さんコメントありがとうございます。「掲載不可」というものを含めて、たくさんのご意見を戴いています。宗教の問題は話して分かるというものではないので、どうしたら納得する事例を見つけられるかしかありません。
学生時代より、この問題は大きく私の上にかぶさっていまして、頭が痛いことでした。いくつかの本を読むうちにこの言葉に行きあたりました。
これを使ってみると、非常にうまく相手を納得させられることに気が付き、何かの時にはこの文を持ち出すことにしています。簡単な言い廻しなので、相手が誤解することもありません。
チャンスがあれば、これをお使いになると良いと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ