2013年04月24日

MEGOW のクレーン車

 Megow Crane 4 1941年の10月号のModel Railroaderの広告である。このころの50ドルがいったいどれほどの価値があったのかはよくわからぬが、かなり高価なキットだったらしい。友人の Richard がこれを売りに出していた。以前は誰にも売らないと言っていたのに少し気が変わったらしい。彼は筆者に売りたかったらしい。勧めてくれるのだが、1000ドルは高い。その半分なら即時買っていただろう。Megowの読み方であるが、ミーガゥというらしい。

 この広告はMRに1回しか載らなかったという。発売台数はおそらく6台という話だ。リチャードはこの世界では有名なカスタムビルダでもある。しかし彼もこの1台きりであとは見たことがないそうだ。彼はこのクレーン車を1970年頃200ドルで買った、ということを15年前に言っていた。1000ドルはそういう意味では妥当な金額だろうが。

Megow CraneMegow Crane 2Megow Crane 3 実によく出来ている。モータ1台で3つの巻き上げ軸を作動させる。クラッチとブレーキが同時に作動して目的の軸以外は動かない。クラッチと言っても、傘歯車を噛ませるか外すかを選ぶだけだが、モータの正逆回転と同時に行えば、かなり細かい運転ができるはずだ。本物の構造と根本的には同じだ。
 リチャード曰く、完動品だそうだ。触らせてもらった限りではクラッチがカチッと作動して気持ち良い。逆転機はロータリー式だ。

Megow Crane 6Megaw Crane 5 組立図は正確に描かれている。工学の専門家が存在していることは間違いない。
 散会の時に、彼は名残惜しそうに、「次回には買ってくれよ。」と念を押しに来た。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鹿ヶ谷   2013年04月24日 12:15
これ面白そうですね。写真見てメカはわかりました。
URLにあるみたいなやつを蒸気機関駆動で作ってみたくなりました。
リタイア後の製作リストに入れておきます。
2. Posted by dda40x   2013年04月24日 15:13
先回のクレーン車の記事に対するコメントで、ご興味があるのがわかりましたので、写真を撮って来ました。
お作りになるのを楽しみにしています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ