2013年04月08日

続々々 Chicago O scale Meet 2013

113_7761  Mike Hill 氏のコレクションはその質の高さでは、おそらく全米一であろう。もちろん、数の多さで言えばもっと多い人を何人も知っている。それを見に行ったこともある。しかし、鉄道模型の歴史的な背景を加味した、時代考証の確かさについては、このコレクションに優るものはないと言えるだろう。同じ機関車を異なるスケール(17/64" scale と 1/4" scale) で持ち、なおかつ、異なる時代の塗装で持っている人はいない。
Hill 氏は、最も成功した模型店主の1人である。彼のコレクションは昨年のCOM2012でその一部が紹介され、話題を呼んだ。今年の公開はそれを受けてのものである。

Mike Hill's 2 公開の当日に集まった人達は、あるレヴェル以上の模型人たちである。そこでの出会いは興味深い。かなり前に会ってから、久しく御無沙汰していた人達に会うことができた。家族を同伴している場合には、奥方や娘さんにも会うことができた。特に娘さんには子供が世話になっていたこともあり、懐かしい話に花が咲いた。

 Hill氏の模型人としての顔の広さと、目利きの確かさが現れている集まりであった。筆者のLow-D車輪もコレクションに採用されており、その抵抗の少なさと静かさを紹介して戴けた。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ