2013年03月16日

続 さらに等角逆捻り機構

 Chicagoに来ている。今回は、レンタカーを借りなかった。空港から鉄道だけを使ってホテル近辺まで行けると書いてあったのでそれを試したのだ。近くの駅まではホテルの車に迎えに来てもらった。ホテルはいつものWestinでなかなかよいホテルである。

 さて明日の講演を控えて、拙ブログの記事を見るとたくさんのコメントが入っていて、その反響の大きさに驚いた。
 発表用のPowerpointを調整していたところなので、コメントからいくつかのアイデアを戴いた。

 歯車を使う工夫をお知らせ戴いた方が多いが、それは試作済みで、すでに不合格の烙印を押されている。細かい歯車を使っても、バックラッシをゼロにはできない。軽く動くようにするには隙間が必要で、そうするとガタが生じ、そのガタは必要な変位量を上回ることがある。それほど捻りの変位量は少ないのである。
 リンクの結節点は少なく、ガタの総量を極力極力少なくすることができる。このガタが小さいということが全てで、他のいかなる方法もリンクには敵わない。伊藤剛氏のフカひれ型が優れているのは、結節点が少ないことである。だからガタがほとんどない。ガタがあれば正しく作動しないのである。
 
 それともう一つ、変位量の大きさが完全に2台車間で等しいことが必要である。これもパンタグラフ方式には敵わない。単純なリンク方式では、動きが大きくなると、回転角がまったく等しいとは言えなくなる。これはロンビックも同様である。形が大げさなので難しそうに見えるが、作るのはとても簡単である。滑り込みのパイプさえあればすぐできる。しかも調整がほとんど要らない。リンクの結節点を厚く作って倒れないようにすれば、摩擦はいつも小さく保てる。またバランスが取れているので、作動に力が要らない。 

 機構学に詳しい方は、きっとこの方式の利点に気が付かれるだろう。先回の改良フカひれ方式では、完全な等角ではないのだ。
 
 ゆうえん氏の記事にあるように、等角逆捻りが目的であって、ロンビックイコライザはその一つの方式に過ぎない。それではどの方法がベストかと言うといまのところ、目的的には、このパンタグラフ方式が最上の方式のようだ。模型であって、ある程度の誤差を含めてもよいなら、フカヒレでもよいし、ロンビックでもよい。
 作る模型のサイズの問題もあるし、どのような線路を走らせたいのかにも依るので、解は一つではない。

ちなみに、実物の電車等のパンタグラフには、イコライザと称するリンクが付いている。それが1本の場合とたすき掛け2本の場合がある。前者は動きが滑らかであるが、2本のアームの動きが完全に対称ではない。後者は動きが正確であるはずなのであるが、動きが渋い。作図してみると、どちらもおかしなことに気がつく。リンク機構は大きな稼動範囲をもたせると、具合が悪くなるという実例である。この話は栗生弘太郎氏から伺った話を元にしている。


 しばらく休載の予定であったが、所感をまとめてお知らせした。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鹿ヶ谷   2013年03月20日 17:05
以前から一本で機能するはずなのイコライザーがパンタグラフに二本ついてるのが不思議だったんですよ。二本の交差リンクではどこかで引っかかるはずですね。ゴムブッシュでも入れないと機能しそうもありません。
まあ有限長のリンクはいろいろズレが出てきます。バルブギアなんかもろ出ますね。前進と後進を等価にすることは難しいはずです。私のERICは後進のほうが調子いいです。C11も後進のほうが調子いいらしいですね。
2. Posted by dda40x   2013年04月02日 10:00
 先日、東向島にある東武博物館を見てきました。そこにパンタグラフの実物があり、ボタンを押して操作できます。イコライザは二つあり、それらは全く同じ位相でした。すなわち、2本あっても同じ作用をしているのです。1本だと折れたことがあるのでしょうか。
 当然のことながら、作動は極めて滑らかでした。二本たすき掛けの現物が作動するところを近くから見たいものです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ