2013年02月28日

続々 New Orleans へ

New Orleans956 町並みはこのような調子で、バルコニィ・デッキの付いた3階建ての家ばかりである。

7 これは古いビール工場であったが、現在はショッピングセンタになっている。



2 あちこちにライヴ演奏をしている小屋があるのだが、どれもこれもやかましく、酒とたばこの煙で充満している。この町ではビール瓶を持って歩きながら飲んでも良いらしい。歩きながら煙草を吸うことも許されているらしい。昔住んでいた町ではいずれも厳しく禁止されていた。

34 初めは石膏の像だと思っていたのであるが、前の人が通り過ぎる瞬間にこの白い像が動いて肩を叩いた。叩かれた人はとても驚いて廻りを見廻すが、まさかこれが生身の人間だとは思わないので、不思議なこともあるものだと行ってしまおうとする。そうするとまた、肩を叩くのである。とても驚いて、面白かった。
 筆者が遠くから見ていると、何人もひっかかって驚き、相応のチップを置いていくので、かなりの稼ぎである。1ドル置いてうんと近接して撮ったが身動き一つしない。鼻の穴の内部は白くなかった。
8 去り際に、このように会釈した。

コメント一覧

1. Posted by ゆうえん・こうじ   2013年02月28日 12:41
アメリカはまだ日本と同じで、バーでたばこが吸えるのですね。ヨーロッパは屋内での喫煙は完全禁止です。冬の寒いときでもコート着込んでテラス席でタバコふかしていたり、イギリスのパブの入り口のところでおっさん達が車座になってタバコ吸っているのを見ると風刺画のようです。
2. Posted by dda40x   2013年03月01日 23:36
ほとんどの州では歩行喫煙、飲酒は禁じられています。
また、室内での喫煙も指定の場所だけです。アメリカの煙草の価格は急上昇したので吸う人は激減しました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ