2013年02月10日

続々 ロンビック ・イコライザの幾何学

800px-Reliant_Robin_Green800px-Goliath-Dreirad_Pritsche 今回の講演では3点支持の不利な点を挙げた。 この緑の車はMr.Beanで良く出てきた。ひっくり返る場面も記憶にある。この車を写し、「これって安全ですか?」と聞くと「極めて危険だ。ひっくり返る。」と言う。イギリス人もいたので、より詳しく説明してもらった。"stupid car(馬鹿な車)”とまで言う。もう生産停止になったそうだ。次のオート三輪はドイツ製のようだ。日本の写真が見つからなかったのでこれを使用したが、国産車がカーヴでひっくり返ったのは見た覚えがある。

 しかし、三輪車が全て危ないかと言うとそうでもない。

800px-Messerschmitt_KabinenrollerMorgan_3-Wheeler_193Xこれらの写真を見せると場内は興奮した。「オッ、メッサーシュミットだ。かっこいい。」「モーガンじゃないか。凄い車だ。」と絶賛の嵐である。
「前一輪であると具合が悪くて、後が一輪だと問題ないのはなぜか。」と問うと、
カーヴで重心が三角からはみ出すからだ。ブレーキを掛けると余計にはみ出しやすいと言う。
「それならメッサーシュミットを高速でバックしながらステアリングを切り、ブレーキを掛けたらどうか。」と聞くと、「そりゃあ、ひっくり返るさ。」と言う。

 ここで鉄道車両を引き合いに出した。
「鉄道車輌はどちらにも高速で走るが、向きによって安定性が異なるとまずいよね。」
「そりゃそうだ。」
 そこで4輪カブースの話をしてくれる人がいた。三点支持にすると、走らせる向きによって脱線しやすいという証言だ。
 鉄道車輌は等方性(筆者の造語で、どちらにも同じ性質を持つこと。もともとは化学用語)を持たねばならない。
英語ではBi-Directionalと言うことにした。

「でも無理だよね。」という雰囲気が漂ったところで、ロンビック・イコライザの登場である。幾何学的な証明をして、現物を紹介すると、場内に衝撃が伝わった。
 作るのがとても面倒であるから、と片持ち式の台車を見せると、あまりよくわからない様子である。菱形を描いてやるとよくわかったようだ。見えない菱形が見えたのだ。これは作り易くて良いと評判だ。
「ひとつ無くしても良いのか!考えた奴は天才だ。」

コメント一覧

1. Posted by harashima   2013年02月10日 21:58
上手なプレゼンテーションですね。
序破急や起承転結のお手本のようです。
参加者に強烈な印象を残し、その人たちも正確に伝えていってくれるのではないですか。
2. Posted by ん〜??   2013年02月11日 22:53
車は運転者自らが操ります。
高い低いに関係なく、車の限界性能ギリギリを引き出すからこそ
運転する喜びがあると信じます。

能動的に接するクルマと
受動的に牽かれるだけの車両は同じでしょうか・・・。
3. Posted by dda40x   2013年02月12日 00:44
ところが、例の緑の三輪自動車は運転手の意思とは無関係にひっくり返ります。
Mr.Beanの映画にその場面があります。
4. Posted by dda40x   2013年02月14日 21:19
お褒め戴くほどうまくはありません。
確かに外国人ですから、うまく引き込まないと乗って来ない可能性がありますね。
そこだけは気を付けます。最初に絶対に受ける冗談をひとつ言って、なごませたりします。
皆興味津々の題材でしたから、何とか最後まで行きました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ