2013年02月02日

続 Boeing 787 の不調

Calmod-banner-500px-9-21-12 ホテルから空港まですぐ行けるので、そのバスに乗ればよかったのだが、電車でも行けるはずであった。経路を調べるとLight Railの終点のMountain Viewの駅で隣のプラットフォームまで 20 m ほど平行移動すれば、Caltrainという通勤電車に乗れることが分かった。Millbraeという名の空港の脇の駅まで2+5ドルで行ける。さらに、そこから隣のプラットフォームまで 10 m でBARTという広軌の電車に乗ると数分で空港の国際線乗り場に行けることが判明した。この電車は高く、ほんのちょっとの距離なのに4.05ドルもする。

 楽しい電車乗車のはずだったが、Caltrainには高い階段があり、それを大きなスーツケース2個を持って上るのは大変であった。また、車内には荷物を置くスペースは全くなく、他の客に迷惑をかけつつデッキに居るしかなかった。後で分かったが列車の後部には自転車その他を置く荷物車が一両付いていることが分かった。しかし階段を上らねばならないことには変わりがない。少し後悔したが、良い体験だった。

BART BARTは、Bay Area Rapid Transitの略である。海底トンネルでサンフランシスコ湾の対岸のオークランド方面と結ぶ。広軌であって、1676mm(5’6”)もあり、車内は異常に広い。乗り心地は良いはずなのだが、かなり硬いバネで、振動が伝わってくる。
 ミルブレイの駅の隣が空港なのだが、直行便は少なく、夜7時以降と週末だけという変なスケジュールだ。San Brunoの駅で乗り換える。この時も同じプラットフォームの反対側に移動するだけだから簡単だ。空港駅では、進行方向に歩けば、国際線コンコースであって、手続きがすぐ出来る。このあたりは良く出来ている。国内線には空港内を走る無人電車に乗り換えるだけである。これも容易である。
BART 2BART 3 BARTの車内には自転車置き場もあるが、車幅が広いのでどこに置いても良さそうである。列車は8輌編成のと9輌編成があり、停車位置を間違えて一輌分移動したりしている。かなりいい加減だ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ