2013年01月05日

続々 Boxcar を作る 

812_6779Roller Freight 何度も出て来るこの貨車は、e-bayで数ドルで買った中古貨車からのre-builtである。もともとはこんなものであった。何をどうすればこうなるのか、というほどひどい状態であった。刷毛でニスを塗ったような感じで表面が褐色になっていた。溶剤を工夫して、表面だけはがそうと思ったが、それもなかなか難しく、結局全部はがした。木部は組み直して側板はSuper Xで貼り付けた。この貨車の色はGlaciar Greenといって、氷河の色なのだそうだ。NYCのJade(翡翠の色)と何が違うのかはよく分からない。こちらの方が多少青いような気がしたので、そのように調色した。デカールは、30年前から買ってあったのをようやく貼れた。

TRB Red CarsTRB Red Cars 2TRB Yellow CarsTRB Yellow Car original slide 
元のRoller Freightというのは、Timkenの宣伝文句であって、戦後その普及に努めていた時のデモンストレイタ車輌群である。BoxcarとかHopper Car などを同じ色に塗って、全米を廻ったらしい。1949年のこのアニメイションは面白い。1959年版は多少改訂されているが同様である。起動時の摩擦が4%しかなく、油切れによるHotboxも無いから、列車の遅れが無くなることを強調している。
 パンフレットでは人間一人で押せるほど摩擦が少ないということを宣伝している。最終的にはGNがこれらの車を買い取ったという話もあるので、この塗り替えは意味があることにした。

TRB Red CarRoller Freight (2)Roller Freight (3) TRB(Timken Roller Bearing)の車輌群は3色あって、当時のAthearnはその全てを模型化している。e-bayを丹念に探すとこの種の車輌はたまに出るが、意外と高値で買えそうもない。数が少ないのであろう。この一番左の赤いものが、上の茶色の車輌と同一品であるとは、誰も思わないであろう。
 HO以下ではよく見かけるようだ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ