2013年01月01日

Boxcar を作る

   謹賀新年

812_6779 この3箇月、貨車を作り続けた。それらの貨車はLow-D車輪を作った時、走行抵抗を測定する必要があって、全く同様に仕上げた貨車を30輌必要としたからだ。それらはAthearnの40-ft, 50-ft Boxcarの一群である。ある程度は持っていたのだが、測定用に買い足したのだ。当時はこの種の貨車が安く手に入った。アメリカの模型ショウを一巡りすれば5,6輌は買える。単価は15ドル以下である。台車付きだから安いものだ。
 大急ぎで形を作り、測定に使用した。そのあとは放置されていたが、未塗装のものが多く、美観を損ねた。ヤードに各種の未塗装車が並んでいると気が滅入る。梯子とか天井のRunning Board、ブレーキホイール、などが付いていない。なんとなく廃車の行列のようで、視界に入ると腹が立つ。

see-thru (2) 5輌ずつ細かい部品を作り、付けて行く。1日2時間と決めて続けると、10日くらいである程度仕上がる。歩み板は平板を捲って取り、エッチング抜き落としの"see-thru"に取り換える。透けて見えるのは素晴らしい。多少、値段は張るが、効果がある。安い貨車でも、この種の部品に取り換えるだけで、見違える。
 この歩み板は手に入りにくい。模型ショウで見つけると、あるだけ全部買ってしまう。1輌分7ドルもするが、その価値が十分にある。

812_6785 天候を見て、塗装準備をする。エア・コンプレッサからホースを伸ばし、塗料を攪拌してろ過する。下塗りをして、マスキングをする。側板のみ塗装済、文字印刷済であるから、色が微妙に合わない。しかしそれは本物にもあることなので、文字を隠して塗り重ねる。
 天気の良い日に、エイヤっと吹き付ける。乾燥台を用意してあるのでそれに載せて、太陽光を浴びせると、温度が上がって塗装面が平滑に仕上がる。
 マスキングを外し、多少のミスはタッチアップして直す。車輪を塗り、連結器に薄く錆色を塗る。車輪のトレッドに塗料が付いていれば、溶剤で拭き取る。マスキングした部分の色の違いをぼかすように僅かにウェザリングをする。こうして、ごく普通のAthearnの貨車がカスタマイズされていく。

812_6791 貨物列車は都合3本ある。タンク車を主体としたもの、Boxcarを主体としたもの、ここまでは1960年までの仕様である。蒸気機関車による牽引で矛盾が無いような時代のものである。もう一本は1980年代にアメリカに住んでいたとき、よく見かけた編成である。たくさん写真を撮ってあるのでそれを見ながら仕上げている。これはDDA40Xなどに牽かせて矛盾が無いようにしている。
 線路上に置くところが無いので諦めて抽斗にしまっていたが、2年前にヤードを増設したので3本目がそのまま載せられる。都合、貨車だけで200輌ほどがいつでも走るようになっている。

コメント一覧

1. Posted by 鹿ヶ谷   2013年01月01日 09:38
ちょっと質問です。
塗料のろ過はどのようにして行なっていますか?
一度試したことは有るんですが少量ではほとんど下に出てこないし、諦めました。
2. Posted by dda40x   2013年01月01日 11:01
私は90%以上Floquilを使いますので、以下の説明はあまり一般的ではありませんが、参考までに。
少し古くなったフロクイルは顔料が沈殿し、バインダが粘くなっています。溶解性の高いシンナ(キシレン100%)を用い、攪拌機である程度分散させます。
攪拌棒は針金を丸めたもので、電気ドリルで掻き混ぜます。
古いパンストを10cm角に切ったものを2枚重ねて別のビンの口に当て、溶いたフロクイルを流し込みます。50%はひっ掛かりますから捨てます。
濾過済みのものはバインダが少ないので、glazeを足します。これを足さないと白くなって粉が吹きます。
このような処理をすれば、かなり使えます。
3. Posted by brass_solder   2013年01月02日 17:50
こんばんは、今年もよろしくお願いします。
これらのAthearnはもしかして金属製なんですね?
文字部分のパッチも目立たずに上手く塗れてますね、さすがです。

偶然なんですが、元旦から塗装して古いラッカーをシンナーで薄めてパンストで漉してました (笑
4. Posted by dda40x   2013年01月02日 19:52
Athearnは、木製の箱にブリキ板を印刷したものを貼りつける構造です。昔は良い接着剤が無かったので、年月とともに釘が緩んで崩れてきました。今はエポキシやSuper-Xがありますから接着は完璧です。走らせたときの音までも違います。
古いものを1台5ドルで買って、塗り直すのも楽しい作業です。もちろん全てばらして組み直しです。
細かい部品は新しいものに取り換えますから、かなりアップグレードされます。
文字部分はぼかしてごまかします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ