2012年12月12日

続々々 Spokane County Fair & Expo Center

812_6424-2812_6427-2812_6426-2812_6428-2




 Brownhoistのクレーン車があった。かなり大型で250トンクラスだ。これとよく似たものを持っているので、細部の写真を撮った。一番見たかったのはアウトリガである。左右に迫り出させる機構に興味があった。
 やはり、ラチェットによる方法だ。ラックで押し引きするのに、ラチェットを介してレヴァで廻す。底板によほど脂が回っていないと、大変な作業であったろう。
 このクレインはもともと蒸気動力であった。それをディーゼル電気方式に改装したのだろう。この個体は煙突が蒸気時代のものである。蒸気運転のときには煙突が伸びるものもあった。一般的には改造機では、排気マフラが後か、上に付いている。
 機関室の後部には大きなドアがあり、蒸気時代の作業時はここを全開してテンダから給炭した。水はホースで供給した。横を向いて作業するときは、給炭のために時々テンダ方向に尻を向ける必要があった。もちろん機関室の中にも小さい炭庫はあった。

812_6430-2 小型の25トン・クレインもある。小さい物には自走式のものもあるが、これは、そうではない。

 アメリカの鉄道ではクレインはぴかぴかの場合が多い。日本の操重車の錆付いた情景とは異なる。そこらじゅうで脱線事故があるので、いつも出動準備が整ってぴかぴかに光っている。最近はより機動性が高いトラック・クレインも用意されている。それをRubber Tire Craneと呼ぶ。鉄道車両ではないことを明確に表現している。

≪コメントでご指摘を受け、内容を書き換えました。》

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by railtruck   2012年12月12日 13:32
写真の250トンは側面中央ドアの後ろにルーバーがあるので、ディーゼルに改装後の姿じゃないでしょうか?

こちらはPRRの蒸気エンジン駆動の250トンです。
http://www.billspennsyphotos.com/photos/undefined/EE%2022522%20250%20ton%20Wreck%20Crane%20-Industrial%20Brownhoist%201-18-62%20b%20800x.jpg
2. Posted by dda40x   2012年12月12日 18:00
ご指摘ありがとうございました。修正しました。
3. Posted by 鹿ヶ谷   2012年12月12日 20:28
蒸気機関のクレーンって機構的にはどうなってたんでしょうかね?このクレーンの場合、旋回、ブームホイスト、主巻、補巻の4つのモーションがあります。電気駆動なら想像できますが、蒸機エンジンの場合はどうなっていたのでしょう?とても興味があります。蒸気機関は一つでメカで切り替えていたのかな?中を見てみたいですね。
今のディーゼルなら油圧駆動が多いと思いますが昔のやつはどうしてたんでしょうか?
4. Posted by dda40x   2012年12月12日 22:40
中を見たことがありますが、その機種はエンジンが一つでした。速度が限られているので出力は小さく、ボイラもかなり小型です。
クラッチとブレーキがたくさんついていて、そう簡単には操作できないように思いました。
5. Posted by 鹿ヶ谷   2012年12月13日 05:46
やはりそうでしたか。エンジン一つでクラッチでモーションを一つだけ選択して動かすんですね。この手のクレーンは同時に複数モーションを動かす必要がとくにないのでこれでいいんでしょうね。
ディーゼル化も多分ディーゼルに直流発電機をつないで蒸気機関を直流モーターに置き換えただけなんでしょうね。
6. Posted by railtruck   2012年12月13日 17:32
こちらのBrownhoistもエンジン一つですが、旋回、ブームホイスト、主巻、走行をクラッチ操作でこなしていますね。
http://www.truckeedonnerrailroadsociety.com/museum/equipment/BrownMechDrawing.pdf
7. Posted by 鹿ヶ谷   2012年12月14日 04:51
railtruck様、
これとよく似たクレーンをTrainworksというこちらの博物館で見たのを思い出しました。(URLを御覧ください) この時は見るものが多くこのクレーンをあまりよく観察しなかったのですが機会があればもっとよく観察してこようと思います。
このタイプの場合、グラブ・バケットの開閉操作機構に興味があります。電動の小型の場合は差動ギアでバケットの開閉をすることが多いんですが、これはクラッチで切り替えてるだけみたいですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ