2012年11月14日

Portland OR へ

 Portlandは東の果て、Maine州にもある。以前乗った飛行機が、Portland OR発、Salt Lake City、Cincinnati経由Portland ME行きで面食らったことがある。Oregon州の方は、当然ながら後で出来た町で、名前を決めるときにコインを投げて土地の所有者二人の主張にケリを付けた。Maine 州出身者が勝って自分の出身の町の名を付けたのだそうだ。もう片方が勝っていれば、ペンシルヴェィニア州の地名ボストンが付いたはずだという。(ご指摘感謝)

812_6135-2812_6134-2 シアトルから3時間弱南下するとPortlandである。例の弁護士の友人Larryの招きがあったのだが、運悪く父君が91歳で亡くなって、その葬儀で会えなくなった。せっかく行ったのだから、行くべきところはないか聞いてみるとVic'sという模型屋に行けと言う。素晴らしいレイアウトがあるそうだ。

 どこにあるか分からないので、教えてもらった電話番号に掛け、住所を聞き出しGPSに打ち込んで辿り着いた。かなりの場末で、いったいどこにそんなレイアウトがあるのだというような店であった。店に入ると愛想よく出迎えてくれたが、店は閑散としていて、試運転用の長円レイルしかない。しかもライオネル用だ。

812_6098-2812_6097-2812_6096-2812_6095-2




 すると、「こっちだよ。」と手招きする。暗く細い階段を下りるとそこは別世界であった。店主のお父さんが作ったのだそうだ。非常に大規模で驚いた。長編成の列車がたくさん停まっている。貨車、客車は手際よく作られ、適度なウェザリングがして施してある。手の込んだウェザリングを施した車輌もある。

812_6133-2 この模型屋は、店主のお父さんの趣味が昂じて誰かから受け継いだ模型屋を、その息子がやっているというわけだ。不思議なことにOスケールが多い。完成品が塗装済みで並んでいるが、価格が書いてない。
「非売品だけど、注文を受け付けても良いよ。」と言う。お父さんはスクラッチビルダでカスタムビルダでもある。Larryはたくさん注文しているそうだ。

 UPの客車群があるが、初めて見る車種が多い。手作りにしては手際が良過ぎて、大量生産品ではないかと思うような仕上がりだ。

追記 この模型店は2013年1月を持って閉店した。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Empirebuilder   2012年11月15日 09:55
もう一方の名前はボストンです。アメリカでは同じ名前の都市名がかなりあります。従ってPortland ORのように州名を付けることが一般的です。流石に同一州には同じ名前はないようです。移民の国らしく他国の都市名をつけた町も多数あります。日本の地名は聞いたことがありませんがあったら面白いですね。本家と遠く離れていても東久留米市などと名付ける国からは考えられないゆるさです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ