2012年11月02日

再び Fort Worth Stationへ 

712_5943-2 酷暑のダラスの街を少し歩いて、遅い昼食を取った。レストランは冷房が良く効き快適であった。
 また列車でフォート・ワースに戻った。鉄道全盛時代、ダラスの駅には列車の本数が多かったので、このような地下道がつくられた。現在はエレベータが無いと違法であるので、向こう側にそれが設けられた。

 
712_5945-2712_5944-2712_5947-2 来た列車はまた二階建てであったが、客車の構造が朝とは異なった。また二階に乗ったが、テーブル付きの座席はなかった。

712_5954-2 ダラスの街の中にはLight Railが走っている。今回近畿車輌が受注に成功したという。これがその電車かどうかは判然としないが、サンホゼの電車と似たところが無いわけでもない。友人の政治家が、見学に行くから案内を頼むと言っているので、近いうちにまた来ることになりそうだ。

712_5957-2 この吊り橋は有名な橋らしい。実に面白い形をしている。曲がったアーチをどういう方法で作ったのかで議論になった。



712_5968-2 フォート・ワース駅には横にSanta Fe駅もある。その南には旧Santa Fe駅もあり、史跡として保存されている。中心がSanta Fe駅で、右が旧駅である。
 
 その先500mも行かないうちに、クロッシングがある。複線の線路がほぼ直交していてそこには、有名なTower 55がある。それは鉄道写真によく表れる、著名な信号所である。すでに高速道路の下になってしまった。近くには扇形庫の跡が複数見える。このクロッシングの西600mにはTexas and Pacific駅がある。この駅は荘麗なアールデコの高層ビルである。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ